CSS3の基本 - レベルアップCSS

CSS3の仕様

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
CSS3を学ぶ上で欠かせない、仕様の全体像について学びましょう。ここでは、仕様がどのように成り立っているかを把握することで、CSS3に対してより深い理解を得ることができます。
講師:
04:02

字幕

このレッスンでは CSS3 とは何かその仕様の全体像について学びます。CSS3 の仕様がどのように成り立っているかを把握することでCSS3 に対してより深い理解を得ることができます。CSS3 の正式名称は Cacading Style Sheetslevel 3 でその頭文字を取って CSS3 と書きます。CSS では level という段階を持って規格が作成されているためその意味では3つ目のバージョンという意味になります。他のバージョンとの比較を見てみましょう。CSS のバージョンには CSS1 CSS2 CSS2.1CSS3 がありそれぞれ表のような段階を経てW3C によって勧告が行われてきました。勧告とは幅広いレビューとテストを経て標準として仕様が確定した段階のことです。CSS3 の勧告年月を見ると「モジュールによって異なる」とあります。これはどういうことでしょうか。CSS2.1 まではすべての機能が1つの仕様としてまとめられていました。しかしこのやり方では1つのバージョンにおけるすべての機能がまとまるまでに大変長い年月がかかっていました。そのため CSS3 からは機能ごとにモジュールという単位で分割されて仕様策定が進められています。 これにより完成したモジュールごとに勧告を行うことができるようになりより早く新機能を実装できるようになったのです。CSS3 のモジュールは大変多くのモジュールに分かれています。ここに挙げたのはほんの一例ですが簡単に紹介しましょう。上から色、セレクタ、メディアクエリ、テキスト、値と単位のモジュールです。この他にも多数のモジュールが存在します。これら CSS 3 のモジュールはものによって規格化の進捗状況が異なっているためすでに勧告になっているものもありますがまだ策定途中のものもあります。これが CSS3 の勧告が「モジュールによって異なる」ということなのです。では CSS3 を使うとどのようなことができるようになるのでしょうか。ここでは数多くのモジュールの中から主な機能をご紹介します。「既存機能の強化」ではセレクタ、値の指定方法、単位など基本的な機能に新しい指定方法が追加になっています。また背景の細かい表示を指定できたり、ボーダーに画像が使えるようになったりと、これまでできていた表現にプラスアルファができるようにもなりました。全く新しい機能としては不透明度、角丸、ドロップシャドウ、グラデーションなどがあります。 CSS3 にはこのリストには載せきれないほどの機能・モジュールが存在していますが、注意しなければいけないのはまだほとんどのモジュールが策定中であるということです。モジュールに分割されたことで先行実装された機能を使える機会は増えましたがその分ウェブブラウザによって対応済みの機能、未対応の機能、バグがある機能、それぞれにバラつきがある点に十分注意しましょう。このレッスンでは CSS3 とは何かその仕様の全体像について学びました。

CSS3の基本 - レベルアップCSS

CSS3はこれまでのCSSとの互換性を保ちつつ、より豊かな表現力を備えたCSSの新しいバージョンです。このコースでは、CSS3の膨大な仕様の中から比較的幅広い環境で動作する機能を中心に解説していきます。また異なるWebブラウザによる表示のされ方の違いに対しても、プログレッシブ・エンハンスメントに代表されるようないくつかのアプローチを取り上げ、紹介します。

2時間21分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年08月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。