CSS3の基本 - レベルアップCSS

不透明度

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
要素の不透明度を指定するときは、opacityプロパティを使います。ここでは、opacityプロパティの使い方について紹介します。
講師:
01:59

字幕

要素の不透明度を指定するときは opacityプロパティを使います。このレッスンでは opacity プロパティの使い方について紹介します。opacity プロパティに使える値は「アルファ値」です。「アルファ値」は 0 から 1 までの数値で指定します。1 は完全に不透明、0 は完全に透明の状態を表します。また小数点以下の値も使えます。その他の仕様はご覧の表の通りです。では実際に CSS を書いてみましょう。編集画面とウェブブラウザを開きます。ウェブブラウザを見ると header 要素の領域に背景色が深緑に文字色が山吹色にボーダーが黒に指定されています。CSS を見てもそのように指定があることが分かります。ここではこの header 要素、さまざまな色が指定された領域全体に対して不透明度を設定してみましょう。不透明度の設定には opacityプロパティを使います。ここではかなり透明に近い 0.2 という値を指定します。ウェブブラウザを見ると背景色だけでなく文字色、ボーダーなどあらゆる色が不透明度 0.2つまり 20%の透明度で指定されていることが分かります。このように opacity プロパティを使うとその要素に含まれるあらゆる要素の不透明度が変更されます。 このレッスンでは要素の不透明度を指定するopacity プロパティの使い方について学びました。

CSS3の基本 - レベルアップCSS

CSS3はこれまでのCSSとの互換性を保ちつつ、より豊かな表現力を備えたCSSの新しいバージョンです。このコースでは、CSS3の膨大な仕様の中から比較的幅広い環境で動作する機能を中心に解説していきます。また異なるWebブラウザによる表示のされ方の違いに対しても、プログレッシブ・エンハンスメントに代表されるようないくつかのアプローチを取り上げ、紹介します。

2時間21分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年08月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。