Maya 2016の新機能

アダプティブフォーム、Bifrostの新機能

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではBifrostで泡を簡単にシミュレートできるアダプティブフォームという新機能について解説します。
講師:
06:08

字幕

このレッスンではBifrostで 泡を簡単にシミュレートできる アダプティブフォームという 新機能について解説します まずこのシーンを開きます ファイル シーンを開く を選んで この0301foam.mbを開きます 中に3つの ポリゴンオブジェクトが入っていまして tub というのが水を貯める お風呂のようなもので このemitter によって Bifrostの液体を放出させます そしてこのmixer で その放出された液体をかき混ぜます Bifrostの液体を放出させるには このemitterというオブジェクトを選びます そして Bifrost 液体 を選びます このemitterは一度隠します emitterを選んで この四角い箱ですね そしてディスプレイ 非表示 選択項目の非表示 を選びますと こんな風にBifrostの青い液体が 視認できるようになっています 今ここでBifrost liquid 1 という ノードをアウトラインドで選びます そして再生ボタンを押します 液体がシミュレートしているのが 分かるのですが ずっと放出されています そして液体が タブを突き抜けて落ちて行ってしまっています これは直しましょう まず連続放出を止める方法なんですが このemitterさっき非表示にしたものですね これを選んで emitter shapeというタブをクリックします 中に連続放出 というチェックボックスが ありますのでこれをチェックを消します これによって連続放出されなくなります こんな風になります 次にこの衝突なんですけれども このタブと衝突させるには tub をまず選びます そしてこのBifrost liquid 1 この画面中央のアイコンです Shiftキーを押しながらこれを選びます そしてBifrost コライダ を選びますと この2つのオブジェクトが コライドするようになります ちなみにこのタイムラインの 左側の緑の部分が計算が終わったフレームです そして右側の黄緑色の部分が バックグラウンドで計算中のフレームです でも液体がタブの表面上にとどまり 中にうまく落ちていません このtub というのを選んで この変換のモード 衝突 という項目がありますね そこを開くと 変換 というのがあります このモードのsolid をshellに変えます ついでにこの球も コリジョンオブジェクトにしてしまいましょう 球を選びます そしてShiftキーで このBifrost liquid 1を選びます この真ん中のこのアイコンです そしてBifrost コライダ を選びます Bifrost liquid 1を選んで 再生ボタンを押して シミュレーションをさせます こういう風にシミュレーションが どんどんと計算されていくようになります ここまではいいんですが これにフォームですね 表面に泡を付けたいと思います これが2016の新機能なんですが どうするかと言いますと このBifrost liquid 1を選んで Bifrost泡 を選びます そしてついでにこの液体の 解像度を上げるために このBifrost liquid container 1 というのを選んで 中に解像度という項目がありますので ここのmaster voxel sizeを 0.2に変えましょう これによって ボクセルサイズが小さくなり 液体の解像度と数が増えます ここで再生ボタンを押して計算をします この計算は時間がかかりますので 収録を一時停止してまた再開します だいぶ計算が進みました 先程のと比べて白い泡が立つようになりまして この泡自体もたくさんのアトリビュートで その見かけを変えることができます これをレンダリングしますと こういう風に見えます レンダーボタンを押します このBifrostのレンダリングは メンタルレイにだけ効きますので ここのボタンを押して メンタルレイに変えてください このようにこのBifrost まだシェーダーも何も触っていないのですが かなり液体に近い感じでレンダリングされます このレッスンではBifrostで 泡を簡単にシミュレートできる アダプティブフォームという 新機能について解説しました

Maya 2016の新機能

Maya 2016には数々の新しいツールや機能が加えられました。このコースではそれらの新しくなったUIの変更点や改善点、3Dアニメーションやモデリング作業を効率化させる新しいツール、そしてエフェクトやレンダリングでとても便利な新機能をひとつずつ細かく紹介していきます。ぜひこれらの機能を習得して、より効率的な3Dアニメーション制作にお役立てください。

51分 (10 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年06月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。