After Effects パペット・アニメーション講座

Photoshopのパペットワープ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopに搭載されている同様の機能「パペットワープ」について解説します。
講師:
07:00

字幕

では After Effects の作業に移る前に一点おまけでご紹介しておきます。Photoshop でこのように前面と背景を切り分けましたが実は Photoshop にも「編集」メニューのこの部分に「パペットワープ」という機能があります。これを立ち上げてみて何か見覚えのあるポインターになりましたね。これでこのチューリップのこのところにピンを打ってあげるとこれは紛れもなくパペットのツールですね。実は Photoshop にもパペットのツールが入っています。勿論 Photoshop なので動画ではなく静止画の加工ですがこのように静止画の中のパターンを変えたいというだけであればPhotoshop だけでもパペットを使ったこのような加工が行えます。パペットの機能は最初はAfter Effects に搭載されてそれが Photoshop に移植される形で現在はこちらにも入っています。それだけではなく Photoshop CC ではかえって After Effects にはまだ搭載されていない機能も搭載されています。例えばここのモードというところ今「標準」となっていますね。これが After Effects のパペットと同じような動きをしていますが例えばこれを「厳密に」というモード最初標準で見ていただくと例えば花を下の方に持っていくと今までのところだとこんな感じで花がめりこんでしまいますし伸び縮みしていました。 それが「厳密に」というモードになると同じようなことをやろうとするとグニャと力に耐えきれず曲がるとより物理的な現象に近い動きをするモードで変形してしまわない無理が出過ぎてしまわないような感じに制限されるとそんなモードも加わっています。また、「変形」にすると例えばここを動かすと小さくなったり大きくなったりと非常に面白い動き方をするモードもあります。こういった機能も恐らくそのうちAfter Effects にも搭載されると思うんですがPhotoshop の方のパペットの機能を使っても静止画の加工として面白いことが色々できます。例えばこの切り離した後静止画の中の花を加工して花が小さくなってしまうとか使用前・使用後を比べるとこんなに違うともう紛れもない1枚の写真からこれだけ加工ができてしまうという非常に面白いツールですね。静止画の加工の方も Photoshop のパペットのツールを是非とも積極的に使ってみていただければなと思います。

After Effects パペット・アニメーション講座

After Effectsのパペットという機能を使うと、写真などの静止画の素材を自由に動かすことができ、アニメーション作りの手間を大きく軽減させることができます。またPhotoshopの便利な機能を併せて使えば、限られた素材から大変面白いムービーを作り出すことも可能です。このコースではこれらの機能を使って簡単にアニメーションを作る手順を解説します。

2時間52分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。