After Effects パペット・アニメーション講座

花をコピー

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
花をコピーして配置し、全体の完成です。
講師:
06:09

字幕

はい、それでは大分楽しい雰囲気ができたのでただですね、花が写真の中一陣だけでちょっと寂しいのでもう一つ手前のほうに仲間の花が出てくるように設定してみましょう。それでは 1 回踊る写真のコンポジションに移動してチューリップこの本体ですね。チューリップ psd のレイヤーを選びます。そして Mac の方は Command を Windows の方はCtrl を押しながら C を押します。これでコピーされたのでチューリップダンスに戻って次は Command もしくは若しくはCtrl を押しながら V を押すとはい、この様にペーストされます。ではペーストされたレイヤーを1 秒丁度から始まる様にすると完全に同じタイミングで踊る様になります。ただ大きさが同じだとなんかちょっと不自然なのでこれですね、サイズを「スケール」のところで 115 とします。するとちょっと手前に出た様な感じになりますね。そしたら片方だけではちょっとバランスが悪いのでこっち側にも置きたいと思います。ではチューリップ psd のレイヤーを選んでCommand 若しくは Ctrl を押しながらキーボードの DABCD、Dを押します。 するともう 1 個レイヤーができますね。そしたらトランスフォームで位置を移動してこのポイントがちょうど端っこに着くぐらいですね。持ってきてあげるとこれで両方揃って踊る様になりましたね。両方揃って踊る様になりました。そしたら後もう 1 個ですね。ずっと出っ放しだと変なのでダンスが始まったところで丁度出てくる様にしたいと思います。なのでこの位置ですね。6秒20フレーム目に出してきて移動してきてここで位置ですね。これのキーフレームを ON にします。次いでに、もう 1 個のこちらも同じなので位置にキーフレームを入れます。そうしたら Command 若しくはCtrl を押しながら左に 123455 フレームですね、移動してここでは位置を下まで持ってきてしまって隠します。上も下に持ってきて隠します。すると、ここからさっと出てくるとこの様な形になりますね。後は終わる所ですね。最後にこの所で残っているのもちょっと不自然なのでこの崩壊が始まる前の所ですね。では、子フレームに戻って12345 と29 秒 27 フレームからまたキーフレームを入れます。もう 1 つにもキーフレームを入れます。そうして、ここから1234、 5 フレーム進んだら完全に下の方に隠れる様にします。 そうすると最後でシュッと隠れてバラバラとはい、これで全体が完成です。では全体をRAMプレビューしてみましょう。最初にプラリとやってきて来て途中ですね、このダンスが続きます。はい、もうかなり派手になりましたね。花も手軽に 3 本になると大分華やかで面白いですね。そして、このなかなかゴージャスな感じの電球も転色も結構良いですねこういった物もですね本来使い方と違う物とかもどんどん応用して使ってあげると色々な形に変化してきます。もうすぐ終わりますね。そうして全体のレンダリングが終わってくると全体として確認できます。ここからですね、プラリとやって来て写真かなと思ったらミュージックスタートですね。もし、今回私の体の中から出た口のリズムでやりましたけれど実際に音楽を流しながら動きを合わせて作った場合にはここから音楽を流してあげればタイミングが合うはずですので本当に曲に合わせて踊っている様な動画も簡単にできます。進んでいって最後はポンとバラバラになって終わりとパペットを使うと、この様な非常に面白い動画も1 個 1 個やると長そうに感じたかもしれませんが慣れて続けてやってみると多分 10分 もかからずにここまで作れるんじゃないかなと思います。 是非とも色々な素材をパペットで動かして遊んでいただきたいなと思います。

After Effects パペット・アニメーション講座

After Effectsのパペットという機能を使うと、写真などの静止画の素材を自由に動かすことができ、アニメーション作りの手間を大きく軽減させることができます。またPhotoshopの便利な機能を併せて使えば、限られた素材から大変面白いムービーを作り出すことも可能です。このコースではこれらの機能を使って簡単にアニメーションを作る手順を解説します。

2時間52分 (25 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年02月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。