Auditionでおぼえるサウンドの基礎知識

音の3大要素_音量

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
音の3大要素のうち「音量」について解説します。
講師:
06:55

字幕

このビデオでは音の 3 大要素のうち音量について解説します。さあ音量ボリュームとかレベル音の大きさなんて色んな言い方をしますね。この波形で言う所のこの縦の振幅これが音量を表しています。この波が大きければ縦に大きければ大きな音小さければ小さな音音の鳴っていないところ厳密には軽くノイズがのっていますけど音のないところは波がない振動がないとこうした大小の表現で表せられています。ちょっと聞いていただくとAudition で覚えるサウンドの基礎知識はい、もう、こうして見ると大分音量の大きさと波形が合っているのが分かりますね。Audition で覚えるサウンドの基礎知識声のないところは音がしない波形がない最初例えば Audition のオーが強調されているので波形が大きいと聞いた感じのボリュームの変化と波形が一致しています。はい 今のは人間の声だったのでもう見た目そのままになりましたが実は人間の耳というのは人間の声には凄く敏感なので人間の声の場合にはこの波形のボリューム大小と実際の耳への感じ方は大分似てきます。ところが音の種類によってはこの波形の振幅の大小と実際に耳で感じる音量というのが合わない場合があります。 耳には鈍感な帯域この後のそうですね音色とか音程とかの方で帯域周波数と出てきますけれど人間の耳にはあまり敏感でないそうした周波数音の高さというのがあります。そういったところで大きな振幅がでていても波形には入ってくるんですけど耳には余り音として聞こえないのでなぜか耳では余り音が鳴っているように感じないのになぜか波形は凄くいっぱい揺れている見た目と全然合わないということもあります。そういうものは大抵例えば凄く振動としか感じないような低い音が鳴っていたり逆にですね凄く もう高くて聞こえないような凄く高い音が大きく入っていたりというケースもあります。なので、この振幅と耳で感じているボリュームですねそれが、なんか全く合わない耳には余り大きな音に聞こえないのにもう波形はいっぱい、いっぱいで満たされているという様な場合には何かしらそうした人間の耳に敏感でない周波数のところで問題というか余計な音が鳴っている可能性があります。波形の意味を知っているとそういったことが判断できる様になるので振幅と聞いた感じが合っていないこれは耳は鈍感なところで何か問題が起きているのに違いないという判断ができる様になるのでそこのところを覚えていただければ良いかなと思います。 はい、この振幅ですね記録できるのはこの上下の幅いっぱい、いっぱい迄です。その越えた分の波が潰されてしまいます。それが所謂音の歪み音が割れるというものです。はい、ちょっと例として先ずこの音Audition で覚えるサウンドの基礎知識この声が割れてしまった例がこちらにあります。はい、ちょっと極端にやっていますけれどさっきの自然な振幅と違ってもう完全に真っ平らになってしまっています。本当にこれぐらい割れていると音量が大きすぎて皆さんの耳がおかしくなってしうので割れた後に音量を下げてあります1 回割れてしまうともう、この潰れてしまった波形は戻らないというとこですね。どんな音になるかというとAudition で覚えるサウンドの基礎知識はい、こんな音になってしまいますね。やはり原則として、この音が割れる歪むというのはオーディオにとって大敵です。唯一例外としてエレキギターなんかは、わざとこうした歪みを加えて音を作ったりするんですが基本的にこうした歪みはあってはならないことなので録音したりですと何か処理をする時にはこの振幅がこの範囲を超えて割れてしまう歪みが起きてしまうことがない様に気を付けます。そうかといって余りこれは小さすぎると今度は聞こえなくなってしまいますので大きすぎるところは抑えて小さ過ぎるところも聞こえる様にバランス良く音量を整えていくそれが聞きやすい音声を作る1 つの大きなコツです。 エフェクトで言うと音量を司るのは振幅と圧縮というこのカテゴリーになります。振幅というのは、この縦の振れ幅ですね。それを多くの場合ですね例えば人間の声なんかの場合にはこの飛び出ているところと小さいところ結構差があると結構聞きにくいので大抵のテレビとか CD とかああいうところで聞ける音声というのはこの波を整える処理をしています。ちょっと、それだけ、やってみましょう。ではエフェクトの振幅と圧縮でスピーチボリュームレベラーというのがあります。これを起動してこれはもう読んで字のごとくスピーチのボリュームをレベルを整えるというものですね。では中という設定でちょっと音を聞いてみましょう。Audition で覚えるサウンドの基礎知識はい、ちょっとノイズが入るので弱というところでやるとAudition で覚えるサウンドの基礎知識これで適用してみましょう。するとはい、使用前だと飛び出ているところと引っ込んでいるところが大分激しかったですが適用すると大きすぎるところは抑えられて小さいところは持ち上がってさっきより平均して整った感じになりました。Audition で覚えるサウンドの基礎知識この様に波を整えていって聞きやすくするとそういう処理がボリュームについてよく行われます。 音量はもう一番最初に整える対象になるところですので是非ですね、この振幅の意味などを覚えておいて欲しいなと思います。

Auditionでおぼえるサウンドの基礎知識

このコースではAuditionを利用しながら音のもつ特徴やファイルの種類、作業環境の構築の仕方などオーディオ作業に関する基礎的な知識を解説していきます。音の基本的な原理や扱い方を知っていると、実際にAuditionを利用するうえでさまざまなことがとても理解しやすくなります。ソフトの使い方とともにオーディオの基礎もぜひマスターしておきましょう。

2時間48分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。