Final Cut Pro X 基本講座

前のバージョンからプロジェクトをアップデートする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
以前のバージョンのFinalCutProを使用して作られたライブラリを、アップデート後のバージョンひで開く際の注意点などについて解説します。
講師:
02:40

字幕

このレッスンでは ライブラリファイルの アップデートについて解説します このコースのアセットになっている この FCP X Essential Training このライブラリファイルですが 恐らくほとんどの方は このライブラリが作られたよりも 後のバージョンですね アップデートされたバージョンの Final Cut Pro X を使って このコースを学習されると思います その場合 新しいバージョンで 以前のバージョンのライブラリを開く時には アップデートという作業が必要になります では実際にこのライブラリファイルを ライブラリが作られた時よりも 後のバージョンの Final Cut Pro Xで開いてみましょう ダブルクリックすると こんな表示がでます このバージョンの Final Cut Pro で使用するには ライブラリ FCP X Essential Training を アップデートする必要がありますと 1個注意が必要なのが アップデートされたライブラリは 以前のバージョンの Final Cut Pro では開けないのです なので もし なにかの理由で まだ以前のバージョンを 使っているという環境で 開かなければいけない場合には これをやってしまうと 同じライブラリも開けなくなるので これ注意が必要です もしですね こういうアップデートを行って なにかしら他の環境で開けなくなる そういったことが困る場合には このライブラリファイルをまるまる Mac の Finder 上で コピーしておいて コピーした方を開いてあげるとより安心です そのまま開いてあげる時には OK します キャンセルすると何も起こらずに 読み込まれずに終わってしまうので OK します そうすると処理が行われて 基本的に 自動的に行われます そしてアップデートが終了すると このような形で 中身が 開いてきます こうなってしまうと この処理をしてしまうと もうライブラリのファイル 先程のこれは 以前のバージョンの Final Cut Pro X では もう開けなくなっているので注意が必要です これは例えば 上書き保存とかしていなくても 自動的に更新されてしまうので その点の注意が必要です それを踏まえておけば 今ご覧いただいたように 基本的に 自動的にアップデートされる形でも このように読み込んで使用することが可能です

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。