Final Cut Pro X 基本講座

イベントに素材を追加する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
あらかじめ作成されているイベントに対し、パソコン内の様々な素材を一括して読み込みを行う際の設定などを解説します。
講師:
03:06

字幕

このレッスンでは 新規にイベントを作成し その中にクリップを読み込んでみましょう それでは このライブラリの方にまず 新たにイベントを作ります では この何もないところを右クリックして 新規イベントを実行します そうすると イベント名と ライブラリというのが出てきて イベントの名前を 任意に入れられるようになるので 今回は H+Sport とこうしておきましょう こうしておきましょう そして OK します そうすると 空のイベントができました そしたらメディアを読み込む これをクリックします そうすると メディアの読み込みという画面になります それでは ここで この部分に読み込みたいファイル もしくはフォルダを 表示させて そこから読み込みを実行します 今回 デスクトップに行きます そして このコースのアセットの しまってあるところ その中に階層を下って行くと Additional Materials という フォルダがあるので これをまるまる読み込みます 皆さん それぞれアセットが 保存されている場所に合わせて ここを選んであげて下さい そしたら 今回は 既存イベントに追加 というところを チェックされている状態で さっきの H+Sportこれを選びます もし ここで新たにイベントを作成と 選んであげてイベント名を入れてあげれば これを読み込んだら そのまま新しい イベントに入れることも可能です 次 ライブラリにコピーファイルを そのままにする とありますけど ライブラリにコピーされていれば 一括してバックアップをとりやすいです このような形で ファイルをそのままにするのか コピーしてくるのか コピーすると容量は大きくなりますけど バックアップのしやすさで 安心度もあがります そしたら このトランスコードというのは 映像の変換ですけど 今回とりあえず変換しないで そのままのクオリティでもっていきます その他 細かい変換項目などありますが 特に必要なければ 選択した項目を読み込むと実行すれば このように H+Sport のイベントの中に 一応様々なスポーツの写真が揃いました 既に 編集に使うビデオの素材が ファイルとしてある場合には この方法で 自分の使うイベントの中に 読み込みを行って下さい

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。