Final Cut Pro X 基本講座

ライブラリとイベントの基本的な管理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
新規にライブラリを作成して名称を変更したり、ライブラリ間でイベントやクリップなどをコピーするといった基本的な管理について解説します。
講師:
05:17

字幕

このレッスンではライブラリやイベントの 基本的な管理について解説します ライブラリやイベント これらは新しく追加したり また片方のライブラリから イベントをコピーしたりと 自由に編集することができます それを実際にやってみましょう ではまず最初に 新しくライブラリを作ってみましょう ではファイルメニューの新規から ライブラリを実行します そしたらファイルの保存が出てくるので 保存場所を決めた後で とりあえず名前 名称未設定のままでいいので 保存してしまいます これで新しいライブラリができました この様にウィンドウの構成が ちょっと変わってしまうかも知れないので そうしたらウィンドウのメニューから オリジナルレイアウトに戻す これを実行すると見た目が戻りますね そしたらですね今こっちの FCP X Essential Training のライブラリにある H+Sport というイベントですね これをこっちのライブラリに コピーしたいと思うんですが その前に今名称未設定のままになっている この名前ですね これを変えてみましょう まずは1回クリックして この様に選択された状態にしてですね そしたらここでマウスを1回クリックします 少し待つとこの様に テキストの入力状態になるので そしたらここに Training と入れてエンターします そしたらこの Training のライブラリに イベントの H+Sport これを ドラッグして持っていきます そうするとこの様なダイアログが出てきます ライブラリ"Training"に項目をコピーします と出てきますね その時対象とありますけど 最適化されたメディア これを選ぶとちゃんと こっちにあるムービーのファイルが Training のライブラリの方にも コピーされるということになるので これでOKします そうするとこちらの Training のライブラリにも これらのクリップが入ってきました それではちょっと 別のパターンやってみましょう ではまたこの FCP X Essential Training の ライブラリの中から Farm to Table このイベントを開けてください そしてじゃ Farm Scenery てやつですね これをちょっとクリックしてみましょう するとこんな内容がありますね じゃあこのキーワード これをこっちの別の ライブラリの中のイベントですね ここへドラッグしたらどうなるかというと はいドラッグしてみると こんな感じでドラッグ出来そうな 感じの表示ですよね でこれ離すと ぱっと ここにFarm Scenery 入りました コピー出来たと思いそうなんですけど こちら Training の方の Farm Scenery クリックすると 何にもないですよね キーワードだけドラッグしてしまうと キーワードだけは行くんですけど 肝心のムービーの中身の方は行かないので この操作だけでは駄目なんですね ムービーを持っていく時には こっちのキーワードをクリックして ムービーを表示させた上で こっちのムービー自体を ドラッグしなければいけません ではですね複数選択で ドラッグアンドドロップしてみようと思います では Command キーを押しながら この様にクリップをクリックしていくと 黄色い枠が付きます こうなっていると選択状態なので ではこの状態でですね こちらの H+Sport の イベントの方に持っていくと またこのコピーのダイアログが出てくるので これが出たらコピーされると 覚えておいてください これで OK します そしたら今度はですねこっち側で この Farm Scenery クリックすると 今コピーした3つがちゃんと出てきてますね この様にキーワードのひも付けも ちゃんと結びついています ではこのムービーのクリップですね これ要らない時どうするかと言うと やはりこの様に複数の場合は Command を押しながら クリックして選択しておいて 右クリックしてゴミ箱に入れる これ実行すると ゴミ箱に移動中のメディアという表示が出て これを OK すると この上から消すことができます これでファイルはゴミ箱に入りました この様にライブラリやイベント 名前を変えたり互いに項目をやりとりしたり この様に自由に編集することができます

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。