Auditionでおぼえるサウンドの基礎知識

モニター環境の重要性

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集時に音をモニターする環境に問題があると、編集結果にも悪影響が出ます。編集テクニックと同じ位、環境の整備は重要です。
講師:
05:11

字幕

このビデオでは Audition で作業する時の環境づくりについて解説します。突然なのですが、あなたが Audition を使って音の編集をされる際、一体何で音を聞いていますでしょうか。中には自慢の大きいスピーカーで聞いているよという方もいらっしゃるかもしれないし、中にはノートパソコンのスピーカーで音を聞いているよという方もいるかもしれません。また音はあまり出さないでヘッドホンという方も多いと思いますが、ヘッドホンも結構重めのずっしりしたオーディオのすごくいいものだよという方もいると思いますし、iPod を買ったら付いてきたものを使ってますよという方もいるかもしれません。千差万別だと思います。そうした音の編集の時に音を聴くための環境ですがそれらをまとめてモニターと呼びます。一般的には、モニターというと画面ですねディスプレイの画面の方を指しますが、音の編集、音の世界ではモニターというと音を聴くもの特にモニタースピーカーのことを指します。Audition で編集をする時はもちろん機能を覚えたり、テクニックも大事なのですが実はですね、それらよりも何よりも大事なのがこのモニター環境です。それもですね高い器材を持っていればいいというわけではなく適切に音の判断ができるかどうかが大切なポイントとなります。 そのモニター環境に問題があるとどんなことが起きるか、という所なんですがまずこちらから見ていくと音同士のバランスが崩れる。はい、編集をしていると調整した結果もこらえざるなので調整した結果もそうですしあと複数の音を混ぜるミックスするということも行なわれます。それではちゃんとしたバランスで処理されているか混ぜられているかと言うのは適切にそれがどういう状態になっているかが見えるモニターでないとなかなか判断しにくい所です。スピーカーやヘッドホンというのは機種によってだいぶ聴こえ方が実は違います。ですから、あまりちょっと個性が強すぎて一般的でないものでモニターしてしまうと他の環境で最終的な完成品を聴いた人が何だこれは、というようなかなり崩れたバランスになってしまう危険もあります。そうしたバランスの最終判断もそうですしあとものによってはノイズなどが鳴っているのに発見できないそうした音の中に潜んでいる問題点を充分に発見できないというそういったケースもあり得ます。あと場合によっては音の編集というのは長時間、音を聴きます。しかも、かなり集中して聴くことになるので想像以上に体、特に耳に負担がかかります。それがあまり刺激の強い少しだけ聴く分にはいいのですが刺激の強いオーディオ装置だと今度は耳の健康に良くないとそんな弊害も考えられます。 まとめていくと編集時のモニターに問題があると最終的な編集結果ですねせっかく苦労して編集してもそれが他で聴いたら何か滅茶苦茶になってしまったと最悪の場合ですねそうしたリスクもあります。また、こういう操作をしたらこういう結果になるという経験値ですねそれを積んでいくことが大事なのですがあまりそのモニター環境が良くないとその経験値を積んでいく上でもあまりいいものが貯まっていきません。こういう場合はこうという所ですねそれがはっきりと判断できる環境でないとなかなか実にもなっていきません。さっきも出てきましたがとにかくちょっと短時間ですね刺激的な音を聴いて楽しむというのは別に構わないんですが耳というのは結構本当にデリケートです。しかも鼓膜を痛めるというそういう重大な事ではなくても疲れが出てくるとこちらとも関わってきますが結果の判断にだいぶ迷ってしまったりとか間違ってしまう疲れてくると正常な判断ができないということもあるのであまり刺激的な装置を使うのも良くない。先程も言いましたが操作法とかはゆっくり覚えていいのですがとにかくモニターがバランス良い環境にないともうやっている結果がそれが正しいのかうまくいったのかもわからないというそういう危険性もあります。 ですから、ある種ですね丁度このビデオを見ている位オーディオの編集に関心がある皆さんでしたらモニターの環境を整えるというのは優先して取り組むべき課題だとここで言いたいと思います。それではこの後のビデオで幾つかですね具体的な例としてモニター環境についての知識を勉強して頂きたいと思います。

Auditionでおぼえるサウンドの基礎知識

このコースではAuditionを利用しながら音のもつ特徴やファイルの種類、作業環境の構築の仕方などオーディオ作業に関する基礎的な知識を解説していきます。音の基本的な原理や扱い方を知っていると、実際にAuditionを利用するうえでさまざまなことがとても理解しやすくなります。ソフトの使い方とともにオーディオの基礎もぜひマスターしておきましょう。

2時間48分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。