Final Cut Pro X 基本講座

キーワードによる分類

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ライブラリ内のクリップにキーワードを設定して、クリックで簡単に分類するための設定などを解説します。
講師:
03:26

字幕

このレッスンでは キーワードによる クリップの管理について解説します それでは サンプルのライブラリ FCP X Esstl Trainingの ライブラリですね この中の Farm to Table このイベントを開けてみます そうすると こんなものがずらっと並んでいて クリックすると それに応じたクリップが表示されます これを何で分類しているかというと キーワードです ここのアイコンの横に出ている これは言葉によって キーワードで分類しています Final Cut Pro X は このようにキーワードでクリップを 管理できるのが 大変大きな特徴の一つです それでは 試しにこの audio sync という キーワードの中にある この1個を 選択して そしたらこの鍵のアイコン これをクリックしてみましょう そうすると audio sync というこれです 選択されているこのクリップには このキーワードが設定されています ということになっています では これにちょっと追加してみましょう では ここに 例えば このクリップは ブルーレイに使うような感じで BD と入れてみましょう BD と入れて Enter すると このように キーワードが1個加わりました それと同時にここにも BD と対応する項目ができているのが 分かると思います そうすると このクリップ これは audio sync とともに BD の方にも表示されると 他の audio sync の項目には BD のキーワードがないので こちらには表示されないというわけです このして簡単に 複数の項目を設定することができるので こちらにも属するし こちらにも属すると それぞれ共通点のあるものだけを 選んで出すことができます また 他のクリップを選んで これで キーワードを開けてみると キーワードショートカットというのに さっき入力した BD が入っています 入力したばかりのものは ここでボタンをクリックするとこのように 手軽に加えることができるので 何回もキーボードを打ったりとか また 打ち間違えて微妙に違ってしまった というのも避けることができるので 非常にスピーディーに キーワードによる分類を行うことができます また こういうキーワードで行った分類を さらに補足するように このライブラリの所を右クリックして 新規フォルダとやってあげると このようにフォルダを作ることもできます またイベントともキーワードとも違った 純粋なフォルダです これをドラッグしてあげると どんどんこのようにまとめることもできるので このライブラリもどんどん要素が増えてくると ごちゃごちゃになってくるので なるべく混乱しないように このようなフォルダに入れて管理していると より作業が行いやすくなります

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。