Final Cut Pro X 基本講座

複数の素材のオーディオ位置を合わせる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
バラバラに収録されたオーディオとビデオの音声の位置を、自動的に解析して手軽に同期させる手順を解説します。
講師:
03:03

字幕

このレッスンでは 複数のクリップのオーディオの位置を 自動的に揃える手順を解説します "Farm to Table" の中の "audio sync" を開くと 二つのクリップが入っています それぞれ見てください (英語) 映像とこちらは音声だけです 再生してみます (英語) こちらは声がはっきり入っています 同時に収録されたものですが この映像についている音声は カメラのマイクで録音したもの こっちの音声だけの方は 別途レコーダーで録音されたものです レコーダーの方がはっきりしています 収録の時にこのようにばらばらに 収録されることはよくあります この二つ時間軸は揃っていませんが 同じ音声が録音されているので それを頼りに ファイナルカットは 自動的に合わせてくれる そんな機能があります それでは実際にやってみます まずこの二つをいっぺんに選びます 右クリックして ”クリップを同期”を実行します こんな感じになってきます ”同期にオーディオを使用” に チェックを入れます 同期した後に 新しいクリップが作成されます その名前が ここに出てきます この名前で新しいクリップが作成されます これを OK にします さっとできました これが新しくできたクリップです 再生してみます (英語) ちゃんと伝わっていて 非常に簡単です さらにこれを選んだ状態で インスペクターを開けます オーディオの一番下の方の チャンネル構成を見ます 二つのオーディオがあります “ストーリーライン” は元々映像に付いていた カメラマイクの音声です 下の ”接続中” の方は レコーダーの音声です カメラマイクの方の 音声はいらないので このチェックを外します すると レコーダーの聴きやすい音声だけが 流れることになります (英語) これを タイムラインの方に持ってきます 完全に一本のクリップとして (英語) いい音で編集ができます くっつけたままでもいいですが クリップのメニューから ”オーディオを切り離す” を 実行します 元々の ばらばらの音声を これを取り出すことができ また切り離すこともできます くっついたままでも構いません このようにしてばらばらに 収録された音声と映像の素材も 非常に簡単に一つにまとめて 編集することができます

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。