Final Cut Pro X 基本講座

マルチカメラ編集の操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タイムラインを再生しながら、リアルタイムのキーボード操作でアングルを切り替える操作を解説します。
講師:
04:25

字幕

このレッスンでは マルチカムクリップの 切り替え操作について解説します それでは このレッスンで使うプロジェクトですね Chapter 8 の 2 のプロジェクト これを開くと まっさらなプロジェクトが開きます そしたらですね マルチカムのクリップですね これ予め この Multicam の 項目に入っている3つを 全部まとめた上で 新規マルチカムクリップ 実行してできた物がこちらですね これを こちら タイムラインの方に持って来ます タイムラインの方に持ってくると 見た目は1個のクリップとしてやって来ます これですね ウインドウのメニューから ビューアの表示で アングルを表示 これを実行すると この様にですね マルチカムクリップのそれぞれのアングルの コントロールが出現します はい ではですね これから切り替え操作を行うための 設定をするんですが まずですね このウインドウの中 設定ってとこ開けると 今 4アングルというものになっています これが2台のカメラであれば 2アングルと やれば もう少し大きい表示になりますし 今 4アングルですね さらに もっと  本当にたくさんのカメラを使う場合には 9アングル 16アングルなんてのもあります 今 4アングルですね これで行きましょう 大事なのがですね 今 この部分にある アイコンなんですけど これ それぞれに切り替えた時に どう言う動作をするかと言う所ですね ここの3つそれぞれですが 見てみると ビデオおよびオーディオの 切り替えを有効にします というものと ビデオのみの切り替えを有効にします オーディオのみの切り替えを有効にします と出てますが この状態ですね ビデオおよび オーディオの切り替えとなってると このアングルを切り替えた時に それぞれのオーディオも一緒に 切り替えるという状態になってます ただ それだとオーディオの聞こえ方が 色々変わってしまって ちょっと聞きづらいと思うので 今回ですね ビデオのみの切り替えにしておきます そうすると 表示が切り替わっても  音声は 元のですね この1の物が使われるので 自然な形で切り替えることが 可能にになってます そしたらですね 再生を行いながら これ切り替えて行くんですが 切り替える時ですね 操作は キーボードの テンキーに対応しています このクリップの順番に テンキーの1 2 3 に それぞれ対応しています これであれば まあ 数字キーのある限りは 切り替えができますね 事実上9個位あれば十分だと思うので 今回はテンキーの 1 2 3 で切り替えます では 再生しながら 切り替え操作を実際にやってみましょう では 再生を開始します (英語音声) はい 2 を押します (英語音声) 映像だけ 2 になりました (英語音声) 3 を押します 3 になりました (英語音声) 1 を押します 1 になりました (英語音声) (英語音声) この様に (英語音声) (英語音声) どんどん切り替えると 変わって行きます でこの時ですね オーディオとビデオが 別々のクリップから出ている場合には このオーディオのアイコンとビデオの アイコンですね これが付きます 同じところから出ている場合には この 両方がくっついたアイコンで出てきます ちょっと再生してみると (英語音声) (英語音声) 自動的に切り替わってますね (英語音声) (英語音声) このクリップの上に 切り替え点が出てます (英語音声) (英語音声) こんな感じに 非常に簡単にですね 切り替え操作を行う事ができます 特にですね この設定 映像だけを 切り替える様にしておかないと 音声も一緒に 切り替わってしまうので この様に安定した感じにならないので 注意して下さい

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。