Final Cut Pro X 基本講座

タイトルの追加

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面上に表示したい内容のテキストを入力し、それに装飾をほどこす手順を実践します。
講師:
06:02

字幕

このレッスンではビデオの中に 文字を追加する方法を解説します それでは Chapter 9.8 の プロジェクトですね これを開いてください そうするとインタビューのシーンがあるので こういう時にですね名前であったりとか これ誰かという様な文字が表示されますよね それを作ってみようと思います 文字はですね これです ここのタイトルブラウザ ここを出します そうすると 様々なタイトルというのが入っています マウスを重ねると 例えばこうアニメーションしてたりとか 複雑なアニメーションとかですね または動かないものも含めて 様々なこの文字のパターンが入っています ここら辺をそのまま使ってもいいんですけど 今回はカスタムというやつで 実際に細かいデザインを作ってみましょう ではこのカスタムをドラッグしてきて 文字を入れたい所に置いてあげます さあそうすると ここにタイトルって出てますね これ実はもう あらかじめ入っている文字なんですけど インスペクターをかけてやると こんな感じで テキストっていう項目ですね ここに今タイトルって書いています ここがですね例えば 農場主へのインタビューと こんな感じで文字を入れてやると 内容を変えることができます このテキストの位置ですね ドラッグで変えられるんですけど ビデオ編集において文字を置く場所って 実は決まりがあります この表示のメニューから タイトル/アクションのセーフゾーン表示 というのがあります これをオンにすると こんな黄色の枠線が引かれます これ外側をアクションセーフと言います 内側をタイトルセーフといいます ビデオを編集する上で 画面から消えてしまっては困る動きは この外側のアクションセーフより内側 文字は原則としてこのタイトルセーフより 内側にレイアウトするというのが 決まりになっています はみ出ても見えなくなるということは ほとんど最近はないんですけど 一応決まりとしてあるので 参考にこの通りでやってみましょう そしたらこんなかたちで文字を置いたら これですね テキスト内容の下の所 例えばフォントを選んだりとか あとサイズを変えたりですね これを自由に行えます この中でですね この様に特定の部分のテキストを 選ぶことができるので そうするとそこだけ サイズを変えるということもできます あと配置なんかもですね こういったものも片方だけ変えたり または両方変えたりと こういった所で 別々な操作を行うことも可能です そしたら詳細という所を開けると 更に行間を変えたりですとか 全部太くしたりですね そういった様々な細かい設定を行えます このフェースという所を開けると これ文字の色ですね 文字の塗りつぶしの色を変えることができます ブラーというのを操作すると ぼかしですね ちょっとぼかす様なこともできます その下にあるアウトライン これは外の枠線ですね ビデオの場合例えば ある位置で文字が見えていても 他の背景が変わってしまうと 見えなくなるということがあるので 例えば白い文字だったら 他の濃い色で縁取りをするとかですね 何か対極になる色で この様な縁取りをすることが多いです そういった場合もこの幅を変えたりですね 枠線をぼかしたりといった処理が行えます 更にグローなんてものをかけるとですね これは光ですね 光っている様な効果をかけることもできます あんまりやすと見え辛くなるので 適度にかけてあげます またドロップシャドウだったら 影を付けたりですね そういった様々なこうした設定が行えます そしてこっちタイトルというタブを開けると こっちまた別の項目があるんですが これはアニメーションに関する項目です 様々なものがあるんですが これを細かく設定すると こちらの下の方のプリセットにある様な 様々なアニメーションの文字ですね そういったものも作ることができます 今回はとりあえず静止した状態ですね これで作ろうと思います そしたらこの様にデザインが完成したら デザインを保存しておくと 後から他のシーンの所にも使えて便利ですね そうした場合には この上の所ですねクリックして フォーマット属性とアピアランス属性を全て保存 これを実行しておくと ではこれですね テンプレートと入れておきましょう そうすると こちらにテンプレート この形で保存しておくことができます 2Dスタイル 3Dスタイルとありますが あらかじめ様々なデザインが入っています これを選ぶことによって デザインを変えることもできます 戻したい時にはこのさっき作った 自分で作ったやつを選べば この様に戻ってくれます こんな感じにですね かなり凝った形で テキストの編集が可能となっています

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。