Auditionでおぼえるサウンドの基礎知識

ヘッドフォンでの確認

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ヘッドフォン、スピーカーそれぞれでないとわかりにくい音の問題が存在します。チェックは必ず、スピーカーとヘッドフォンの両方で行いましょう。
講師:
06:30

字幕

このビデオではヘッドフォンを使ったモニターについて解説します。専用のモニタースピーカーを使ったりまたは複数の様々なスピーカーでモニターしたりそういうことをやるとかなりミックスの違いが分かるという話をしましたがそれに加えて最低一種類はヘッドフォンを使ったモニターも是非とも加えて下さい。スピーカーに加えて最低一個はヘッドフォンを使って下さい。ヘッドフォン自身も専用のモニター用ヘッドフォンもありますし様々な物があるのですがそれを選ぶのも勿論ですがそれ以前にスピーカーと合わせてヘッドフォンも最低一種類は絶対に加えて頂きたいなという所です。機種によって特性の違いなどはありますが根本的にヘッドフォンではこう聴こえるけれどスピーカーではこう聴こえる根本的な聴こえ方の違いが結構存在します。ですからスピーカーで大丈夫だと思ったものもヘッドフォンで聴いたら何か全然違うということは結構ありますのでまた逆もそうですねヘッドフォンで聴いてOK だったけれどスピーカーで聴いて何だこれはということもありますのでそれは是非とも認識して頂きたいということで今回はサンプルを用意しました。ここからですがもし今このビデオをご覧になっている環境にスピーカーとヘッドフォンとすぐに両方つなげられるという方は是非ともスピーカーとヘッドフォン両方前に用意して頂いてそれで両方の聴こえ方をこれから比べて頂きたいと思います。 ちょっと準備が必要な方は準備してからこの動画を見て頂きたいと思います。そうするとどれ位違うかという事が結構分かると思います。では早速行ってみましょう。まず一個目です。はい、こちらの素材がありますのでそれではまずはこれから流すサウンドをスピーカーで聴いてみて下さい。それでは行きます(サウンド)ドラムにリバーブをかけた音でしたね。かなり深くかかっている気がしたと思います。今度はヘッドフォンをかけて下さい。そして同じ音をヘッドフォンでも聴いてみて下さい。それでは流します。(サウンド)いかがでしょう。大体の方が結構違うなと思ったのではないでしょうか。中でもヘッドフォンをかけた方がリバーブが深くなった何かリバーブがいっぱいかかっている状態になったという方のほうが結構いるのではないでしょうか。特に途中もそうですし、この最後の方ですね。(サウンド)この余韻の部分などがスピーカーとヘッドフォンでかなり違って聴こえたという方多いと思います。リバーブは結構スピーカーとヘッドフォンで聴こえ方が違うエフェクトの一種です。特にステレオ方向に広がっている今みたいなリバーブはかなり違ってきます。一般的に大体ヘッドフォンの方が深く聴こえるので例えばヘッドフォンをかけてリバーブ調整しておいたらスピーカーで聴いたらあまりリバーブが聴こえなくなったという事もありますし逆にスピーカーでちょっと派手めにリバーブをかけようかなとかけたらヘッドフォンをしたらもう聴けない位にリバーブがかけ過ぎになってしまったそんなこともあり得ます。 なので特にリバーブの量を調整する時にはスピーカーとヘッドフォン同時に用意して両方を交互に聴き比べながら一番大丈夫かなという落としどころを見つけていくとそれ位で丁度いいかなという所ですね。もう一個別のサンプルを聴いて頂きましょう。今度は別の音声をまた持ってきましたのでではまずまたスピーカーでこの音を聴いてみて下さい。スピーカーからこの音を聴いてみて下さい。では流します。- Audition で覚える- サウンドの基礎知識はいどうでしょう、もう一回流します。- Audition で覚える- サウンドの基礎知識何かおかしい感じがすると感じた方と正直あんまりわからないという方が両方いると思います。わからない方ももしかしたらいるかもしれません。それでは同じ音を今度はヘッドフォンで聴いて下さい。それでは流します。- Audition で覚える- サウンドの基礎知識- Audition で覚える- サウンドの基礎知識さあどうでしょう。今度は何か違和感があるという方のほうが多かったのではないでしょうか。実はですねあの何か頭の中の変な位置で鳴っているという感じがヘッドフォンで聴くとするはずでしてその理由なのですが、これ実は元々モノラルの音声なのですがここを見てみるとこの波形の山が逆になっています。 互いに向き合っているような形になっています。実はこれ片方のチャンネルの移送この波の上下です。これを反転させてあります。逆走と呼ばれる状態になっています。こういう状態勿論スピーカーでもそうですし、ヘッドフォンで聴くと何かすっきりとしない頭の中の嫌な所で鳴っているような感じがしてしまいます。ただこういった移送の問題もスピーカーでも分かることは分かるのですがヘッドフォンの方がより如実に分かるとそういった違いがあります。このように高級とか安物とかに限らずヘッドフォンでなければわからない問題というのも結構ありますので是非ともチェックですね逆にスピーカーでなければ分からないものもあるのでスピーカーとヘッドフォンのダブル体制これを必ずやって頂ければと思います。

Auditionでおぼえるサウンドの基礎知識

このコースではAuditionを利用しながら音のもつ特徴やファイルの種類、作業環境の構築の仕方などオーディオ作業に関する基礎的な知識を解説していきます。音の基本的な原理や扱い方を知っていると、実際にAuditionを利用するうえでさまざまなことがとても理解しやすくなります。ソフトの使い方とともにオーディオの基礎もぜひマスターしておきましょう。

2時間48分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。