Final Cut Pro X 基本講座

再生スピードを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クリップの再生速度を調整して早回しやスローを作ったり、ワンタッチでリプレイを作成する機能の解説をします。
講師:
05:25

字幕

このレッスンでは クリップの再生速度の変更について解説します それでは Chapter 9 の 9.12 この中にあるこちらのプロジェクトを開くと この様なクリップが並んでいます 再生すると 「鳥の鳴き声」 通常はこの様にカメラで収録された そのままの速度で再生されます さあではこれの再生速度を 変えてみようと思います では選択して command キーを押しながら R を押します すると標準 (100%) となりましたけど これは速度を表しています ここで例えば 速く 2x を選ぶと スピードが2倍になって なので時間が2分の1になりました これを再生してみると 「鳥の鳴き声」 こんな感じですね 「鳥の鳴き声」 再生のスピードも速くなりました これ遅くを選ぶと 「鳥の鳴き声」 「鳥の鳴き声」 こんな風にゆっくりにすることもできます またこのバーをそのままドラッグして 自由に変えることもできます 「鳥の鳴き声」 非常に感覚的に スピードを変更することができます 1点お気づきになった方も いらっしゃるかも知れませんが ここの部分ですね 鳥の鳴き声を聞いてください 「鳥の鳴き声」 カラスの声ですね これ速度が変わっても 「鳥の鳴き声」 時間が変わるだけで 音程が変わっていないですよね 昔のカセットテープなんかは 再生する速度が速くなると 音程が上がったり 逆にゆっくりになると 音程が下がったりしてましたけど これがここのメニュー この中でピッチの保持というのが オンになっていると 速度が変わっても音程が保たれます これがオフになってると 「鳥の鳴き声」 ゆっくりだと低い音になって これが早くなると 「鳥の鳴き声」 高い音になると この様な変化が出てきます 今出てきたこちらのメニューですけど さっきショートカット command + R でやった様な変更が こちらから選んでも適用できます 適用された後は同じですね この表示を消したい時には command + R すると また消えます それではこの単純な変更以外に ちょっと違ったパターンもやってみましょう ではこっちのクリップですね こちらに対して 速度ランプというのを適用してみましょう 0% へというのをやってみると こんな表示になりました これを再生してみると 「背景音」 「背景音」 「背景音」 「背景音」 段々スピードが落ちてきましたね じゃ逆にこっちですね 今度はこれで 速度ランプ 0% からにすると 最初は 「背景音」 止まった感じだったのが 徐々に早くなってくる 「背景音」 この様な速度変化を付けることもできます ではこれを 1回 command + Z で戻して またこのクリップの中なんですが 選択範囲 これを利用して 1部選択して ここに対して 例えば遅くとかですね 適用してやると 任意の場所だけ 「背景音」 遅くするなんていう処理も行えます さあその他にも面白いものがあって 例えばですね インスタントリプレイなんてのをやると じゃあこれ 50% で作ってみましょう すると この様なものが作られたんですが これを再生してみると 「♪♪」 まずこの模様が再生された後に 「♪♪」 設定した速度 この速度で こちらと同じものが もう1回リプレイされているんですね これスポーツの編集なんかをしてる時に 今のところをリプレイしてもう1度 なんてのがワンタッチで作ることができます この様に様々なですね 速度変更の機能があります これらを使うと更に表現の幅が広がるので 是非とも使ってみてください

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。