Final Cut Pro X 基本講座

Photoshopファイルのレイヤーを操作する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AdobePhotoshop形式のファイルを読み込み、レイヤーを利用した編集を行います。
講師:
04:04

字幕

このレッスンでは レイヤーを持ったフォトショップファイルの 扱いについて解説します チャプター9の9.13です 中に入っているプロジェクトを開きます このような映像が一本だけ入っています Farm to Tableのイベントの中の グラフィックスというキーワードコレクション この中を見ると 二つのクリップが入っています これは ここ見てください “.psd”という拡張子の名前があります psdはアドビフォトショップ形式のファイルです フォトショップ形式のファイルの ここが文字になっています これをタイムラインの方に持っていきます まず黒い方です この中の適当な場所でキーボードの ”I”を押してインポイントを作ります 5秒ほど再生してキーボードの ”O”を押してアウトポイントを作ります そうすると選択範囲ができます これをドラッグしてこちらの方に持ってきます そうすると映像の上に 文字だけが重なった状態になっています この中身ですがフォトショップファイルの中のレイヤーです 背景が透明な状態になっているので 黒ではなくて透明になってー 最終的に映像と重なって見える状態になります これよく見ると ここに紙を重ねたような アイコンがついています この状態の時に”選択ツールで”ダブルクリックをします 中に入ることができます そうすると 二つのクリップがあります それぞれ 実は分かれていています これが一個一個がフォトショップの レイヤーになっています 斜線が入っていない部分が使われている分です これを少し移動させます こんな感じにしてみます ここではまず片方の文字だけが出て こっちにくるともう一個出てきます 時間差で表示されるような感じも 作ることもできます こうしてぱっとですね時間差で出てきます こんな効果を作った上でこのボタンを押すと 元のタイムラインに戻ります このように時間差で文字を出すような 効果も作ることが可能です ちゃんとですね ファイナルカットプロの上からも フォトショップのレイヤー構造を 利用した編集が行えるということです もう一つの白い方もー 同じように選択範囲を作った上で こっちに持ってきます 今度は 白いのが残っています これはフォトショップの中でベタ塗りの 一枚のレイヤーがあるからです こういった場合にはまた同じように ダブルクリックして中に入ります そうすると 一番下にー 白いのがあるので 右クリックします ”無効にする”にすると これが一時的に見えなくなります こうしてあげればー きちんと背景を透明にすることができます 画像編集の一番標準的なソフトである フォトショップで素材を作ることが多いです フォトショップで素材を作る時にはレイヤーを 残してファイナルカットを持ってくるとー 後から様々な形で柔軟な 編集を行うことが可能です

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。