Final Cut Pro X 基本講座

レンダリングのオプション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
エフェクトなどが適用された部分をバックグラウンドでレンダリングするオプションの設定を行います。
講師:
03:23

字幕

このレッスンでは バックグラウンドレンダリングの オプションに関して解説します それではチャプター9の14ですね その中に入っているプロジェクトを開きます そうするとこんな感じの編集ができあがっている ところがあるので ここでですね このエフェクトのブラウザ ここを開きます そしたらこれ全部を選んで エフェクトなんか掛けてみるんですけど その時ですね ここにちょっと注目しててください こことあとこの 時間が表示されてる上のラインですね じゃあ適当なエフェクトを こう 選択した状態で ダブルクリックして かけます そしたらここがなんか 色が変わりましたよね しばらくすると ここ 動いてますよね また100%になりました これ何かというと 今ですね バックグラウンドで レンダリング というのが行われました 見ていただくと これエフェクトかかったんですけど 通常ですね このエフェクトがかかった状態 リアルタイムでCPUが仕事してると 再生がだいぶ重くなったりするんですね そういう時に レンダリングというのをやっておくと 非常に再生が軽くなるんですけど Final Cut Proはそれを バックグラウンドで行っています それからですね レンダリングが済んでないよというところは この上のとこが赤くなって で しばらく待つとここが レンダリングが完了すると 全部100%になるんですね この動作なんですが レンダリングが開始されるまでの時間ですね それが この中の 再生のタブ これを開けると バックグラウンドレンダリング0.3秒 ってなってます 今はですね 事実上かけたらすぐに バックグランウドレンダリングを 始めてね という設定になってます この時間をですね すごーく 例えば1分後とかにしてみましょう または これ切ってしまってもいいんですけど そうすると また別のエフェクトをかけてみましょうね 一括して掛けると 赤い線が付いたんですけど なかなかレンダリングが始まらない って状態になりますね レンダリングという作業 結構ですね パソコンに寄っては重くなることもあるので 切っておくという選択肢もあるんですけど そういう時は任意に 自分の手動で実行するという手もあります その時は 変更のメニューですね その中に すべてレンダリング 選択部分をレンダリング とあります 選択部分だと 選択したとこだけ と すべてだと この全体がレンダリングされるというわけですね すべてをレンダリング 実行してみると その場でレンダリングが実行されて エフェクトももう幾つか掛かってるんですけど 非常に ♪(軟らかな音楽)♪ 軽く再生できる と そのような状態になってます ある程度のですね 速度を持ったマシンであれば このリアルタイムレンダリング 非常に快適なのですが もしですね ちょっとそれやると 全体の動きが重くなってしまうなって場合は このように 手動で行うということもできるので ぜひともですね Final Cut Poでは バックグラウンドでレンダリングが行われる それを覚えておいてください

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。