Final Cut Pro X 基本講座

複数の色補正をクリップに適用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
既に基本的な色補正が適用されているクリップに2つ目以上の色補正を適用し、積極的な色作りに利用します。
講師:
03:21

字幕

このレッスンでは 複数の色補正を 追加する手順を解説します それではですね このレッスンで使用する チャプター10の3ですね このプロジェクトを開けます そうすると 複数のクリップが並んでますが これらはですね もう実は色補正が施してあります これを選んで インスペクターですね 開けた状態で 色補正をオフにすると こんな状態ですね もう色補正ができてます こちらも色補正できてます これらはですね 基本的にもう色の偏りを抑えた ベーシックな色ができあがった上で さらにですね 意図的に作り込むかたちで 新たな色補正を加えるということもできます ではですね それを実際にやってみましょう では 一回ですね このカラーボード これをクリックします そしたら今 色補正1 と出てるんですが これですね 色補正を追加 というのを実行します そうすると色補正になりましたね こっちの設定もひょっと動きました ちょっと一回戻ってみると さっきのはこれ色補正1だったんですけど もう一個同じ 色補正2 というものが追加されました じゃあこっちで作業を行うと またですね 違う効果を作ることができます 例えば サチュレーションのとこですね ハイライトとシャドーだけ 彩度を下げて 露出もですね ちょっと雰囲気を変えて わざとですねこんな コントラストを強くしたりして カラーなんかも ちょっと違う傾向にですねもっていくと 意図的に偏りを持たせたような感じですね こうやると雰囲気がだいぶ出てきます これをオンオフすると まぁ こういう安定感のあるのもいいですけど こういうちょっと作り込まれた雰囲気も またいいですよね こういうのもですね何個も比較検討できて また同じようにカラーボードに行って また 補正を追加 とやると またですね 新しくできるので じゃあ今度はこの3に対して ミッドの彩度を落として 露出もですね 真ん中のこういうとこ変えたりして カラーも全然また違う方向ですね こんな感じに持ってったりすると それぞれオンオフすることによって どっちがいいかな どの雰囲気がいいかな ってのを比較することができます このようにですね 一番基本の補正を最初にやった上で クリエイティブなですね 雰囲気を作るための色補正 これもかなり面白く使えるので ぜひですね ここから 色補正 補正を追加とやってですね 複数の項目 これらを比較検討する そのような方法もぜひともやってみてください

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。