Final Cut Pro X 基本講座

色補正のテンプレートを使用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
エフェクトや色補正のテンプレートを使って、手軽に色補正を行う手順を解説します。
講師:
02:58

字幕

このレッスンでは  色補正のテンプレートを使う手順を解説します はい それでは Chapter 10.4 ですね そこのプロジェクトを開いておきます はい そしたらですね この状態なんですけど インスぺクタを開けてみて はい 色補正ですね オン オフすると もう 基本的な色補正ができてる状態です ここにですね 特徴的な さらに2つ目以降の 色補正を足して 調整して行く時ですね 0 から作って行く方法もありますし テンプレートを適用して 手っ取り早く 表現すると言う そんな手もあります はい まず1つの手としては エフェクトですね エフェクトの中に 眺めというカテゴリーがあるんですけど こっちを見てみると こんな風に 色補正に近い様なテンプレートが いっぱい出ています で これですね マウスを当てるとこの様に プレビューする事もできます 色を抜いた白黒もありますし こう色合いをですね 変えた物 これなんか かなり ちょっと古い 映画のフィルムみたいな感じですよね はい こういうテンプレートが いっぱいエフェクトの方にもありますので こういった物をですね  かけてあげるというのも まず1つあります はい で もう1つなんですが この カラーボードの方に入って はい 色補正のとこクリックして 補正を追加 で 色補正 2 ってのを作ります はいそしたらですね ちょっと下の方見ると ここにプリセットって言うメニューがあります これ開いてみると こんな感じに 色んな物があります これ選んでみると はい この様にして 様々なですね パターンを 選ぶという事もできます はい また プリセット保存としておけば 自分のですね 作った色補正 それの バランスを 保存しておく事もできるので 後で 呼び出して使うと言う事もできます これは  なかなか 便利に使う事ができる方法ですね 後 エフェクトなんですが エフェクト使う時もですね これ そのままかけるだけじゃなくて 例えば 何かかけた後に はい ちょっと 効果が強すぎるかな なんて場合には だいたいこの Amount ってのがついてます Amount ってやつを 0 にすると 効果が 0 になります なので こんな風に ちょっとずつかけて行くと だんだん効果が強くなって行くと はい エフェクトの方は こんな使い方もできるので それぞれですね  まあ 違った利点があるといえます はい エフェクトのですね 中から選ぶ方と カラーボードのプリセットを選ぶ方法 それぞれですね また違う使い方ができるので 是非ともですね  両方活用して 色補正を行って下さい

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。