Final Cut Pro X 基本講座

静止画の書き出し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クリップ中の特定のフレームを、JPEGなどの静止画のファイルとして保存する手順を解説します。
講師:
01:54

字幕

このレッスンでは Final Cut から 静止画を書き出す手順を解説します Final Cut の中にある クリップの1コマを 静止画として書き出すこともできます ではまず書き出したいコマを指定します ここに映っている状態で 共有のボタンを押します そして初期状態では出ていないので 出力先を追加とします この中にある現在のフレームを保存 というのをこの中へ入れます そしたらオッケーして そうすると次回から 現在のフレームを保存が出てきます これを実行します 設定を見ると 書き出しという所を見ると 色々な画像形式があります TIFF ファイル PNG イメージ Photoshop 形式もありますね その他 JPEG とか様々なものがあります 今回は JPEG にしてみましょう アスペクト比を保持してイメージを調整 とありますが アスペクト比というのは 画像の横と縦の比率です 現在のビデオに使われているのは 横が 16 に対して縦が 9 16 対 9 という縦横比です これを保ったまま静止画にするかという事です これにチェックを入れておきます そしたら次へをクリックします そうすると保存の画面に移動しますので 保存場所を決めて 保存をクリックします そうすると先程のコマが この様に静止画として保存されます 他のウェブサイトや 印刷物なんかの材料にしたり 様々な素材に 動画の一コマを活用することが可能です

Final Cut Pro X 基本講座

Final Cut Pro XはアップルがリリースしているMac専用のビデオ編集ソフトです。このコースではFinal Cut Pro Xのインターフェースの概要、効率的な編集方法、オーディオのノイズ処理、マルチカメラの編集、エフェクトの操作、ファイルへの書き出しなど編集に必要な基本テクニックをひと通り学ぶことができます。

5時間32分 (73 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Final Cut Pro Final Cut Pro X
価格: 3,990
発売日:2015年06月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。