ソーシャルメディア連携ツール活用法

トイカメラ-TiltShiftGen2で投稿用に画像加工する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
風景や食事の画像はトイカメラ-TiltShiftGen2を使って加工すると、1ランク上の画像に見せることができます
講師:
04:50

字幕

このレッスンでは― トイカメラ― TiltShiftGen2というIOSのアプリを使って― ソーシャルメディアにアップする前に― 画像をひと手間かけて 加工をしておこうと言うところを― お話させていただこうと思います ちなみにこのアプリなんですけれど IOS iPhoneとか- iPad専用のアプリになりますので アンドロイド版はありません アプリの金額は120円になってます まずですね  iPhone Appleストアでこちら― チルトシフトジェン2 TILTSHIFTGEN2と― 入力をしていただくと― このトイカメラ チルドシフトジェン2  検索ヒットします これをあらかじめiPhoneの方に インストールをしておいてください インストールが終わって アプリを立ち上げるとですね― 最初は― こういう真っ暗な画面になります アイコンが下に 3つ並んでますね "カメラ" "アルバム"― "使い方"と並んでます この"使い方"は マニュアル的なものになりますので― 細かい操作まで― 見たい方はですね  参考に見といていただければと思います 一番左のカメラを押すと― その場で画像を撮って 加工をするという形になるんですが― 今回は2つ目 "アルバム"を選択します この"アルバム"というのは― タップすると開くんですが― このiPhoneの中に入ってる― 画像を― 加工するという流れになります やってみますね  すべての写真をタップして― 今回はこのお蕎麦の画像を 選択します お蕎麦の画像が こうやって出てくるわけなんですけど― いまですね  このぼかしというところが― 選択されてます ぼかしなので― ぼかしも4つあるんですけど― 左から この円の形に― ぼかす形と― 楕円形にぼかしを― 入れるというものというものと― もうひとつ右に行くと― これはあの四角形ですね 長方形にぼかしを入れる形ですね 一番右側のバツをタップすると― ぼかしなしですね この中で私個人的に一番よく使うのは― この左から2番目の楕円形のぼかしです 結構もう楕円形の形も色々変えられるので  これが一番使いやすいかなと思います これも2本指でですね― この楕円の形を こう変えることできるんですね ここもお好みに合わせて― 形を調整して  指を離すとこの範囲を中心に― この範囲にピントを合わせて 他の部分がぼかされるということになります これだけでもですね― 結構あの普通の蕎麦が だいぶ美味しそうに― なってきたんですけど― もうひと手間加えましょう 一番下のアイコン右から2つ目の― "色調"というところタップします これで明るさ 鮮やかさ 強弱などなど 変えられるんですけど― 一番使っていただきたいところは  一番上の鮮やかさです これ ここの鮮やかさのメーターのところに 指を置いて 左右にこう動かすとですね― 鮮やかさが 変わっていくわけなんですけど― 最初ですね  ちょうどこれくらいの鮮やかさになってました これをグーと右に動かすとですね― このぐらいがいいですかね で 離すと― 非常にですね  普通のお蕎麦がだいぶ美味しそうに― 見えるようになってきます  お料理とかですね 風景写真とか― これでやっていただくと 非常に青い空が鮮やかに写ったりとか― こういうふうに 食事が美味しそうに見えたりとかするので― 鮮やかさのメーターを ちょっと右に寄せておくというのが― ひとつポイントに なってくるとかなと思います これくらいでいいなということになったら― 一番右下のアイコン― "完成"をタップします "完成"をタップした後― 一番左の"保存"ですね こちらをタップします そうすると― このiPhoneの中に この画像が保存されました 保存された状態でフェイスブック ツイッター インスタグラムなどにですね― アップしていただくと― この普通のお蕎麦が だいぶ美味しそうに見える― 写真がアップできるという 形になります どうぜ画像をアップするのであれば― より綺麗に より反応が撮れるように― こういう風に― 加工していただければなと思います このレッスンでは  トイカメラ TiltShiftGen2で― ソーシャルメディア投稿用に 画像を加工してみようというところで― 操作方法をお伝えさせていただきました

ソーシャルメディア連携ツール活用法

ソーシャルメディアが普及してビジネスで活用するケースが増えるにつれ、その効果測定と効率化が課題となっています。各SNSの用意したツールだけではなく、サードパーティーが開発したツールを活用すれば、利便性をより高めることが可能です。このコースではhootsuite、twilog、IFTTTなどソーシャルメディアの活用をサポートする外部ツールを紹介します。

1時間04分 (10 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年06月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。