3DS MAX 2016の新機能

ワークスペースのカスタマイズで快適なUIを

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは新しくついた機能ワークスペースのカスタマイズについて解説します。
講師:
02:35

字幕

このレッスンでは 新く付いた機能 ワークスペースの カスタマイズについて解説します 3d studio Max 2016では 様々なワークスペースを 選択できるようになりました 現在のモードは規定値の Classicモードです 早速切り替えてみましょう 左上のこのメニューから 「デザイン スタンダード」を選択します 少しローディングに時間がかかります するとこのようにリボンメニューが現れ 様々な機能がアイコンで 分かりやすく表示されています このデザインは これまでの バージョンと大きく違うため 長くMaxを使っている 方は少し戸惑うかもしれません このデザイン スタンダード ワークスペースと 先ほどのClassicワークスペースの 中間のようなワークスペースも 用意されています 先ほどのメニューから 「既定で拡張メニューを使用」という ワークスペースを選びます これはClassicモードに アイコンが追加されたようなUIです どのようなUIか見ていきましょう このメニューを押しますと こんなふうに数々の多くの機能に アイコンが追加され 視覚的に分かりやすくなっています そしてこのモードでは このメニューの上の部分 こちらをドラッグ&ドロップすることによって そのメニューを外に出すことが可能で 頻繁に1つの機能を使う場合など とても便利です そしてワークスペースはさらに 自分で好きなように カスタマイズすることができます このXを押せばメニューは消えます またこのメニューを選んで 「ワークスペースを管理」というのを押します するとワークスペース管理用 ウインドウが開きます このウインドウでワークスペースを 自分の好きなようにカスタマイズし 保存することができます そしてこちらの「MaxScriptを実行」 という機能は Maxの読み込み時 終了時に MaxScriptを登録して走らせることができます このレッスンでは 新く付いた機能 ワークスペースのカスタマイズについて 解説しました

3DS MAX 2016の新機能

このコースでは、3DS MAX 2016へのバージョンアップで新しくなったUI周り、大幅に改善されたシーンエクスプローラー、アニメーション機能、モディファイヤ、さらにMAXクリエーショングラフの機能、クラウドレンダリングの機能などを解説します。これらの新しい機能を習得し、作品のクオリティや作業効率の向上にぜひお役立てください。

1時間01分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
3ds Max 3ds Max 2016
価格: 1,990
発売日:2015年07月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。