3DS MAX 2016の新機能

テンプレートシステムでシーン作成作業の時間短縮

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは新しくついた機能テンプレートシステムの解説をします。
講師:
05:55

字幕

このレッスンでは新しくついた機能 テンプレートシステムの解説をします テンプレートシステムとはー 様々な設定を保存しておいて その設定を制作チームでシェアしたりー 個人で使いまわしたりして 作業効率を上げるための機能です 3D Studio Max の既定値での 設定では 起動した時にー このようこそ画面というものが 表示されるようになりました テンプレートシステムにアクセスするには この画面が必要です さっそくこのサンプル 水の中のシーンを開いてみましょう こちらをダブルクリックします すると このようにテンプレートシーンである 海底のシーンが開きました もう一度ようこそ画面を表示するには 右上のヘルプメニューからー ようこそ画面を選択します ようこそ画面のこの一番下のー テンプレート マネージャを開くという リンクを開きますとー テンプレート マネージャ という ウィンドウが開きましてー ここでテンプレートシーンの 詳細を見ることができます こちら 右側のボックスに 解説を書くこともできます それでは 新たにテンプレートシーンを 作成してみましょう リセットします 実際の作業では プロジェクトによってー ガンマ設定 LUT 設定 単位設定を 変えることが多くー それらを間違えた状態で 作業を開始してしまうとー 大幅に時間をロスしてしまうことがあります それを回避するためにー ガンマ設定や単位設定を保存した テンプレートを用意してみましょう カスタマイズ>基本設定 を選んでー ガンマとLUTのタブに行きます そして ガンマ /LUT 補正を使用 という チェックボックスにチェックを入れます OK ボタンを押します そして 次に カスタマイズ>単位設定 を 選びましてー システム単位設定 という ボタンをクリックしてー 単位を 今 ミリメートル に なっているものをー インチに変えます OK ボタンを2回クリックします この max ファイルを保存します こちらのテンプレートフォルダにー この 01_03_template と 書かれたフォルダにー こんな風に gamma1_inch と 書いて 保存します もう一度 ヘルプ>ようこそ画面 を 表示しましょう テンプレート マネージャを開く を クリックします 今 解像度の問題でこの下の方が 表示されていませんがー このテンプレート マネージャ を これ以上小さくすることはできませんのでー こんな風にボタンが少し隠れてしまいます この一番下の新規追加ボタンを押します すると こんな風に テンプレート#1 というテンプレートがー 新しく作成されます ここでこの名前をー gamma1_inch という名前に変えます そして この説明の部分にー リニアワークフロー ー 単位インチなどとー ノートを書いておきます 次にこのシーンファイルという チェックボックスにー チェックを入れて 先ほどの gamma1_inch というのを開きます ここではプロジェクトフォルダや ワークスペースなども選択することができます 次にこの右下の 終了 ボタンを押すことでー こちらのようこそ画面にー 新しいテンプレートシーンを 追加することができました それでは このガンマや単位の設定がー テンプレートシステムで自動的に 変更されるか見てみましょう もう一度 この水の中のシーンを開きます そして カスタマイズ>基本設定 >ガンマとLUT を選びます すると この ガンマ /LUT 補正を使用 が チェックされていないのがわかります 次に カスタマイズ>単位設定 に行ってー システム単位設定を選ぶとー 単位がミリメートルに なっているのがわかります もう一度 ヘルプ>ようこそ画面 を開きます そしてこの gamma1_inch という テンプレートシーンをダブルクリックします ファイルの単位設定を採用しますか? に OK を押してー 次に この カスタマイズ>基本設定 に行きます ガンマとLUT タブを選ぶとー こんな風に ガンマ /LUT 補正を使用 に チェックが入っています そして カスタマイズ>単位設定に行ってー システム単位設定>単位 を見ると インチに変更されています このようにテンプレートシステムの機能は チームでの作業やー 似たようなシーンが多いプロジェクトー 逆に 頻繁に設定を変える必要がある場合に とても有効です このレッスンでは 新しくついた機能 テンプレートシステムの解説をしました

3DS MAX 2016の新機能

このコースでは、3DS MAX 2016へのバージョンアップで新しくなったUI周り、大幅に改善されたシーンエクスプローラー、アニメーション機能、モディファイヤ、さらにMAXクリエーショングラフの機能、クラウドレンダリングの機能などを解説します。これらの新しい機能を習得し、作品のクオリティや作業効率の向上にぜひお役立てください。

1時間01分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
3ds Max 3ds Max 2016
価格: 1,990
発売日:2015年07月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。