3DS MAX 2016の新機能

Alembicのインポート、エクスポート

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは新しくついたAlembicファイルフォーマットについて解説します。
講師:
05:45

字幕

このレッスンでは 新しく追加された Alembic ファイルフォーマット について解説します Alembic とはILM と Sony Imageworks が 共同で開発した 新しいフォーマットです 多くの利点は アニメーションジオメトリに対応していて トポロジーが変わる パーティクルの様なオブジェクトに 読み込みや書き出しが可能です 更には 他のフォーマットよりも 高速に移動させるのが利点です これまでのバージョンでは ボーン変形以外の デフォーマしたジオメトリの やり取りはできなかったのですが Alembic が付いたことで 可能になりました こちらの ノイズモディファイアが付いている 変形しているジオメトリを 書き出してみましょう ファイルメニューから 「書き出し」を選びます そして「 01_06_alembic 」という フォルダに書き出します 「ファイルの種類」を 「 Alembic 」にしましょう 「 .ABC 」という拡張子です 「ファイル名」は 「 sphere (スフィア)」とします 「保存」ボタンを押します 「 Alembic 書き出しオプション」 というのが出ますので これは「 OK 」にします 書き出しが終わりました ファイルを一度リセットして 読み込んでみましょう ファイルメニューから 「リセット」を選びます 「本当にリセットしますか?」は 「はい」を押します 次に「読み込み」を選択して 「 sphere.ABC 」ファイルを開きます こちらの 「シーンのルートに読み込み」を使うと 複雑な階層構造を持たずに シンプルにジオメトリを 読み込むことができます 「時間範囲にフィット」を選ぶと 書き出したアニメーションの 時間範囲のまま 読み込むことができます 「 OK 」ボタンを押します アニメーションを確認してみましょう 読み込みがちゃんとできているのが 確認できます 「モディファイア」パネルに行き UI を確認してみましょう こちらの「ソース」と言うのは 先ほど書き出したファイルの パスが書かれています 下の「オブジェクト」と言うのは 階層構造を持った ジオメトリを読み込んだ時に 構造を確認できる部分です 「再生タイプ」を確認してみましょう この「オリジナル範囲」とは 書き出したままのアニメーションの範囲で 読み込むことができます クリックして「カスタム範囲」を選びます これは「開始」と「終了フレーム」を 自由に選ぶことができます 「カスタム開始」を選びます これは開始のフレームだけ 変更することができます 一番下の「記録形状を再生」を選ぶと 好きなフレームのジオメトリを 読み込むことができます 今 0 フレームになっていますが これを 50 にします すると 50 フレーム目の ジオメトリで固定されたのが分かります この値を使って アニメーションシーケンスとして 読み込むことができます ま ずフレームを 0 に戻して この値を 0.0 にします この「オートキー」ボタンを押して オートキーを付けます そして 100 フレーム目に戻して 値を 100 にします 再生して見てみると アニメーションしているのが分かります カーブエディタに行き アニメーションを見てみましょう 「グラフエディタ」 「トラックビュー - カーブエディタ」 を選びます この下の「オブジェクト」を 「+」ボタンを押して開きます すると カーブが視認できます MAX の規定値のキーフレームだと この様になだらかな イーズイン・イーズアウトの アニメーションをしています これは 書き出したジオメトリの アニメーションとマッチしていません マッチさせるには このキーを選んで 「接線を線形に設定」ボタンを押します すると こんな風に 書き出したアニメーションと同じになりました この カーブを編集することで 元のアニメーションを壊さずに アニメーションの変更が可能になります 例えば このキーを選んで 「接線を自動に設定」にします そして このハンドルを下に持っていき こちらも同じボタンを押し 右側にこうして 左マウスクリックでドラッグします こうすると こんな風に 始めはゆっくりアニメーションをして 最後に早くなるような動きに 変えることができます このレッスンでは 新しく追加された Alembic フォーマットについて 解説しました

3DS MAX 2016の新機能

このコースでは、3DS MAX 2016へのバージョンアップで新しくなったUI周り、大幅に改善されたシーンエクスプローラー、アニメーション機能、モディファイヤ、さらにMAXクリエーショングラフの機能、クラウドレンダリングの機能などを解説します。これらの新しい機能を習得し、作品のクオリティや作業効率の向上にぜひお役立てください。

1時間01分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
3ds Max 3ds Max 2016
価格: 1,990
発売日:2015年07月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。