3DS MAX 2016の新機能

OpenSubdivを使って形状をコントロール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、アメリカのアニメーションスタジオPIXARがオープンソースで公開した機能で3DSMAXに新たにモディファイヤとして搭載されたOpenSubdivの機能を解説します。
講師:
05:12

字幕

このレッスンでは アメリカのアニメーション スタジオのPixarが オープンソースで公開した機能で 3d Studio Maxに新たに モディファイアとして搭載された OpenSubdivの機能について解説します この機能の利点は 非常に高速なことと 折り目設定 UV設定 カメラからの距離による Level of Detailなど 様々な高度な機能が付いています 早速UIの方を見てみましょう こちらの「反復」は 以前のTurbo Smooth Mesh Smooth同様 Smooth Divide 分割数の 適用回数を決めます 下の「レンダリングの反復」は レンダリング時の適用回数を 決めることができます カメラからの距離による表面の細分化の 自動的な変更をする機能について見るために こちらの「GPU表示」という 機能を使ってみましょう クリックします そしてこの一番下の「アダプティブ」 というボタンをクリックします この状態では結果の変化が 非常に分かりづらいので この上の部分の「Isoラインの表示」という チェックボックスをオフにします この状態でマウスのホイールを使って スームイン/ズームアウトしてみましょう そうすると近づくにつれ メッシュがどんどん細かく なっていくのが分かると思います 遠くなると逆に 表面がどんどん粗くなっていきます このようにしてカメラからの距離によって メッシュの細かさを自動で変更してくれます 次に折り目の設定について解説します 「GPU表示」はオフにしましょう この「メッシュ出力」を クリックすることによって GPU表示をオフにできます 「編集可能ポリゴン」に戻ります この編集可能ポリゴンに新しく 「折り目」という値が追加されました こちらの「最終結果を表示」する というボタンをクリックしておきましょう この状態で折り目の値を1にします するとこのような形状になりました 以前はエッジなどを追加して 形状を変更していたのですが 折り目機能のおかげで 非常に楽に変更できるようになりました 折り目の値を0にしておきます その他に「折り目」 そして「折り目セット」という 2つのモディファイアが追加されました この状態で折り目 モディファイアを適用してみましょう このモディファイア リストから 「折り目」というモディファイアを 選択します そしてこちらの「折り目」の値を1にします 先ほどと同じ結果になりました こちらの「選択」なのですが 「スタックから」となっていますが これは下の「編集可能ポリゴン」で 選択されているエッジを そのまま有効に使えるという意味です もしこれを「すべてのエッジ」に変えた場合 すべてのエッジに対して折り目設定が 適用され 形状が変わります 次に「折り目セット」の解説をします この折り目モディファイアは もう必要ありませんので このボタンを押して除去します このように画面の一部を左マウス クリックすることによって解除できます この状態で 「折り目セット」モディファイア これですね これを適用してみます そしてこのエッジモードに入り エッジを3つ選択します この3つを選びます 左マウスクリックとCtrlキーを使って 3つ選びます そしてこの下の方にある 「セットを作成」というボタンがありますので この左側のボックスに名前を入れます 今回は「A」と名付けましょう そしてこの右側の 「セットを作成」というボタンを押します するとこの「A」というセットが作られ この値を変えることによって 折り目を変えることができます 1にするとこんな風になります このように 折り目セットモディファイアは グループを作って そのグループのみに 折り目設定を行うことができます このレッスンでは 3d Studio Maxに 新たに モディファイアとして搭載された OpenSubdivの機能について解説しました

3DS MAX 2016の新機能

このコースでは、3DS MAX 2016へのバージョンアップで新しくなったUI周り、大幅に改善されたシーンエクスプローラー、アニメーション機能、モディファイヤ、さらにMAXクリエーショングラフの機能、クラウドレンダリングの機能などを解説します。これらの新しい機能を習得し、作品のクオリティや作業効率の向上にぜひお役立てください。

1時間01分 (12 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
3ds Max 3ds Max 2016
価格: 1,990
発売日:2015年07月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。