Auditionエフェクト基本講座

Speech Volume Leveler

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Speech Volume Leveler」は、話し声の音量が極端に大小している場合に、整えて聴きやすくするエフェクトです。
講師:
03:40

字幕

この動画では「振幅と圧縮」「Speech Volume Leveler」の内容について解説します。「Speech Volume Leveler」はもうそのままスピーチしゃべっているボリュームのレベル音量を揃えていくエフェクトです。例えばこんなサウンドがあります。これはしゃべっているサウンドなんですが聞いてみると(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもびっくりしました(インストラクター)何があったんでしょうね。こうした抑揚のついたしゃべり方なんかは波形を見るとわかるんですが小さな声であったり いきなり大きな声を出したりまた小さくなったりと結構こういう話し方の収録というのも多いと思うんですがなかなかですねこのままになってしまうとスピーカーとかで聞いた時にボリュームをどこに合わせたらいいのかわかりづらくなってしまうのでこういうのをある程度整えてあげるとだいぶ聞きやすくなります。では実際にやってみましょう。まずは全体を選択して「エフェクト」>「振幅と圧縮」 >「Speech Volume Leveler」を選びます。こういった構成になっているんですがまず 「対象のボリュームレベル」というところをこれは大体、普通にこれぐらいの波形でとれていれば割とこちらの方ですね18から19位の設定でいいかなと思います。 そして変わってくるのは「平均化の量」というところなんですがこれは数字を大きくすればする程より強力にボリュームを揃えていく左にいく程、効き方が弱くなっていて元の抑揚が残っていくということです。とりあえす、まず20%位のところで一回実行してみましょう。適用すると波形が変わりましたね。大きく飛び出ていた「ドカーン」というところのボリュームが下がって逆に小さいところがちょっと上がりました聴いてみると(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもビックリしました。(インストラクター)自然ですね。「ドカーン」と言ったところだけ一瞬ボリュームが下がって(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもビックリしました(インストラクター)かなり聞きやすくなったと思います。最初は(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもビックリしました(インストラクター)こちらの方が抑揚はもちろんあるんですがどうしてもスピーカーとかを通すと聞きにくくなってしまうのでこの設定で(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもビックリしました(インストラクター)整えてあげた方がインタビューや、ナレーションなどは聴きやすくなります。 一点注意点なんですがこの「平均化の量」ですねもう本当に揃えてしまおうとしてあまり強くしてしまうと確かに見た目は揃うんですが 聴いていただくと(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもビックリしました(インストラクター)特にこういうところですね。(録音音声)びっくりしました(インストラクター)ノイズも一緒に上がってしまったりするのであまり強くしすぎるとかえって不自然になります。程々なところで大体これぐらいの音量差であれば20から30位で十分ですのであけてあげると(録音音声)そしたらドアが急にドカーンと開いたのでとってもビックリしました。(インストラクター)聞きやすい形でボリュームを揃えられます。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。