Auditionエフェクト基本講座

Analog Delay

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Analog Delay」は、アナログ回路の機械で作られたディレイ(「やまびこ」のような残響)を生み出すエフェクトです。
講師:
04:00

字幕

このビデオでは「ディレイとエコー」の「Analog Delay」について解説します。「ディレイとエコー」というカテゴリーなんですがこれはいわゆる、やまびこのように音がどんどん跳ね返って響き渡るような効果を作り出すエフェクトのことです。その中でも「Analog Delay」こちらを見てみましょう。ちなみに Delay とは遅れるという意味なので1 回声を出したものが遅れて跳ね返ってくるとそういう解釈です。では1 回オフにして元のソースですが♪(ヤッホー)♪やまびこということでこんな音を用意しました。では、オンにしてとりあえず聴いていただきましょう。♪(ヤッホー)♪やまびこ的な音ですね。こんな感じにかかってきます。こちらの中身を見ていくと「ドライ」と「ウェット」というのがありますが「ドライ」というのが、いわゆる山びこがかかる前の元の音のことです。「ウェット」を0にしてプレビューすると♪(ヤッホー)♪そして「ウェット」の値を上げていくにつれて♪(ヤッホー)♪やまびこの方の跳ね返ってきた音のボリュームが上がります。こちらの「ディレイ」というところを操作すると数字を大きくするほどやまびこの帰ってくる時間が遅くなります。 数字を極端に大きくしてみると♪(ヤッホー ヤッホー ヤッホー・・・ )♪逆に短くしてみると♪(ヤッホー)♪こんな感じに跳ね返ってくるまでの時間を調整できます。そしてもう一つ 「フィードバック」というところなんですがこれは跳ね返ってくる音が何回折り返して続くかってことですねこれも大きいほど、ずっと続いて小さいほどすぐ終わってしまうようになります。小さくすると♪(ヤッホー)♪こんな感じですがこの値をあげてあげると♪(ヤッホー)♪上げすぎるとあまりにも返ってき過ぎてこんな風になってしまいます。こうならないように調整します。このような形でいかにもやまびこ的な響き方を作るのが♪(ヤッホー)♪ディレイとエコーなんですがこの Anarog Delay の特徴なんですがモードというのがあります。「テープ」、「テープ/チューブ」「アナログ」と、ありますがこれが実際の機械として作られていたこういうディレイマシン、エコーマシンのタイプを表しています。それぞれサウンドのキャラクターが違います。それを聴き比べてみましょう。まず「テープ」のモードだと♪(ヤッホー)♪こんな質感です。では、「テープ/チューブ」に切り替えると♪(ヤッホー)♪やまびこの音が、ちょっとひずみっぽいような雰囲気になりますね。 これが「アナログ」になると♪(ヤッホー)♪かなり違う質感になりました。これは使うケースによって一番合っているという質感を選んでください。その他の調整の項目はディレイとエコーのカテゴリーで かなり似てるので是非とも、ここで覚えていただきたいと思います。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。