Auditionエフェクト基本講座

Echo

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「Echo」は、ステレオの広がり感がある残響を作成可能で、さらに専用のイコライザで残響の質感を細かく設定できるエフェクトです。
講師:
03:02

字幕

このビデオでは「ディレイとエコー」の「エコー」について解説します。では早速 立ち上げてみましょう。このように多数の設定項目があります。では音を聴いてみましょう。♪(ヤッホー)♪エコーですがまず L チャンネル左とR チャンネル右で別々の設定があるのでステレオ方向に広がったようなやまびこが得られます。加えてフィードバックの項目があるので♪(ヤッホー)♪何回も音が繰り返し、繰り返し跳ね返ってくる。その度合いを決めるフィードバックの設定があるのでずっと長く続くような残響を得られます。また面白いのがこの「エコーバウンス」という設定です。まず、エコーバウンスしていない状態再度聞いてみると♪(ヤッホー)♪このような形ですがこれをオンにしてあげると♪(ヤッホー)♪跳ね返ってきた、やまびこの音がステレオの左右で行き来するような効果が得られるので、より広がりが面白い形で得られます。このように多数の項目があるので非常にリッチな感じの複雑な形の残響が得られるのがこのエコーの特徴です。そしてその中でも一番面白いのがこの「連続エコーイコライザー」という機能です。これも見ていきましょうまずは、この設定のままの音だと♪(ヤッホー)♪こういう音ですが、これは跳ね返ってきたエコー音です。 エコー音の質感を調整できるイコライザーになっています。では設定を大きく変えてこのような形にすると♪(ヤッホー)♪全く違います こっちは音が低音の方です。こっちは 高音の方です それぞれを増やした、 減らしたりできるので全く違った質感になります。では例えば逆にこっちの高いほうだけを上げてみると♪(ヤッホー)♪このチリヂリした音が返ってきたりと全く違う質感が得られます。このように細かくエコー音の質感を調整することで♪(ヤッホー)♪同じような残響でもより自分のイメージに合ったぴったりのエコー、ディレイを得ることができるのがこのエコーの特徴になっています。

Auditionエフェクト基本講座

Auditionには以前なら単体で何万円もしたようなとても高性能なエフェクトが多数搭載されています。このコースでは、Auditon CCに入っているエフェクトをひとつ残らずすべて解説します。サンプルサウンドを聞いたり操作の仕方を見ることで、そのエフェクトがどんなものなのかという基礎的な知識が得られるでしょう。

3時間17分 (58 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。