Lightroom CC/6の新機能

Lightroom CCのインターフェース

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Lightroom CCのインターフェースは、前のバージョンであるLightroom 5とほぼ同じ構成です。以前から使っていた人はすぐにでも使い始められるインターフェースですが、今バージョンの「ライブラリ」モジュールに追加された、「人物」アイコンを確認しましょう。
講師:
05:06

字幕

このレッスンでは Lightroom CCの インタフェースの特徴について 解説をします Lightroom CCのインタフェースは 前のバージョンである Lightroom 5と ほぼ同じ構成 ワークスペースになっています ですから 以前から Lightroomを使っていた人には すぐにでも使い始められます ワークスペースの一番上には メニューバーがあり ここで関連する機能を 選ぶことができるようになっています 画面の左上に 「IDプレート」があります ここをクリックすると 「Lightroom mobileと同期」 「住所検索」 「顔検出」を それぞれ 「オン」 「オフ」を 切り替えられるようになっています 「顔検出」は Lightroom CCの新しい機能です ソース画像操作用のパネルが 配置されています モジュールによって 構成が変わりますが 「コレクション」の表示は共通です ここに あらかじめ 使用目的ごとに 写真をまとめておくといいでしょう 「ワークスペース」の中央には 「画像表示領域」があり 複数の写真を 「グリッド表示」したり 1枚の写真を 大きく表示したりします モジュールによって 表示される内容は異なります 「ライブラリ」モジュールの 「グリッド表示」では 画像表示領域の上に 「ライブラリフィルター」バーがあり 「フィルムストリップ」や 「グリッド表示」画面に どのような条件で 写真を表示するのかを 設定します 「画像表示領域」の下には 「ツール」バーがあり 写真の管理や 調整をするための ツールを目的に合わせて 切り替えます ここに 今回の目玉の新機能 「人物」というボタンが 追加されています ボタンをクリックすると 「顔検出」を開始したり 検出された人物を ここで管理することができます ワークススペースの右側には 調整や写真を管理するための パネルが項目ごとに 分類されています 項目名を クリックすることで パネルをたたんだり 開いたりできますので 狭い範囲でも 操作しやすくなっています ワークスペースの下の方には 「フィルムストリップ」があります これは 各モジュールで共通です 写真のサムネイルが 横に並んで表示されており 選択した写真の背景は 反転して 左上の「ナビゲーター」パネルに プレビューが表示されます 「フィルムストリップ」の構成を もう少し詳しく見てみましょう 「フィルムストリップ」の左上には 「セカンドウィンドウ」の表示を 切り替えるボタンがあります マルチモニター環境に対応して サブウィンドウを開いて 写真の閲覧や管理をするのに 便利です そのすぐ右には 「ライブラリ」グリッドがあります これは どのモジュールであっても ここをクリックすると 「ライブラリ」モジュールの 「グリッド表示」に切り替えます さらに 右には 「戻る」「進む」ボタンがあります それぞれクリックして 手順を進めたり戻したりします その右側には 「フィルムストリップ」に表示している 写真の条件や 現在 選択中の画像の枚数 または ポインタを重ねた画像の ファイル名が表示されます さらに右には ソースフィルターがあり どのような条件で 「フィルムストリップ」や 「画像領域」に表示させるのかを 「フィルター」の一覧から選択します 一番右側のスイッチは 「フィルター」の「無効」「有効」を 一時的に決めることができます スイッチを上にして有効にすると 「フィルター」の条件に合わせて すばやく 「フィルムストリップ」に表示する 写真を絞り込みます 以上 Lightroom CCの インタフェースの特徴について 解説をしました Lightroom 5に 使い慣れている方なら 問題なく使いこなせます

Lightroom CC/6の新機能

バージョンアップしたLightroom CCと6にはさまざまな新機能や強化機能が搭載されました。ライブラリモジュールには顔検出が新たに搭載され、現像モジュールではより細かく効果を調整できるようになりました。またHDRやパノラマ合成が可能になり、Web公開サービスとの連携も強化されました。このコースではこれらの新機能や種機能強化について解説します。

1時間50分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年07月10日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。