Lightroom CC/6の新機能

コレクションに写真を直接読み込む新機能

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
これまではLightroomに写真を読み込んでからコレクションを作成していましたが、今回のバージョンからはLightroomに写真を読み込むと同時に、コレクション化するという機能が追加されました。写真を読み込んでからの、次の手間が省ける便利な読み込みのオプションを活用しましょう。
講師:
03:37

字幕

このレッスンでは Lightroomで 写真やビデオを読み込む際に 選べるようになった 「コレクションに追加」という 新機能について解説をします Lightroomで 写真やビデオを扱うためには 読み込みという作業が必要です 読み込みは 「ライブラリ」モジュールの 「読み込み」というボタンを クリックします すると 写真の「読み込み」ウィンドウが 開きます 読み込みとは 写真やビデオの情報を Lightroomに 取り入れるための操作です 例えばデジタルカメラや SDカードなどから 読み込む場合は 写真やビデオを 指定フォルダーへ「コピー」をしたり また ハードディスクなど 写真画像がすでに パソコンの記憶媒体に 入っている場合は そのフォルダーの場所を直接指定して 「追加」を選びます ここで いったん 「読み込み」をキャンセルをして 「ライブラリ」モジュールに 戻ってみましょう Lightroomでは読み込んだ写真を 大きく「カタログ」「フォルダー」 「コレクション」 という3つのくくりで 管理をしています その中でも 「コレクション」は 写真画像が収まっている場所に 依存せずに 使用する目的や 任意の分類によって まとめることができます 今までのLightroomでは 一度 画像をLightroomに 読み込んだ後に 任意の「コレクション」に 追加をしたり あらたに 「コレクションを作成する」という 作業が必要でした これに対し Lightroom CCでは 写真画像を読み込む際に 同時に 「コレクション」に 追加できるようになりました もう一度 「読み込み」ボタンを クリックしてみましょう 「ファイル管理」パネルには 「コレクションに追加」 という項目があります これが 今回のバージョンで 追加された機能です ここにチェックを入れて 追加する 「コレクション」を選択するか または 新しい「コレクション」を作成します ここでは この 「+」ボタンをクリックして 「Web公開用」 と名前をつけて 「作成」をクリックします 次に 「読み込み」を クリックすると Lightroomで 写真を管理できるようになります 特定の目的をもって 撮影をした写真や あらかじめ どの「コレクション」に追加するかが 決まっている場合も 手間が省けて便利です このように 読み込まれたと 同時に 「コレクション」が作成されました 以上 このレッスンでは Lightroom CCの 読み込みの新機能である 「カタログに追加」について 解説をしました 新機能の中でも あまり目立ちませんが 読み込む際には この新機能に注目をして ぜひ活用してみてください

Lightroom CC/6の新機能

バージョンアップしたLightroom CCと6にはさまざまな新機能や強化機能が搭載されました。ライブラリモジュールには顔検出が新たに搭載され、現像モジュールではより細かく効果を調整できるようになりました。またHDRやパノラマ合成が可能になり、Web公開サービスとの連携も強化されました。このコースではこれらの新機能や種機能強化について解説します。

1時間50分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年07月10日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。