Lightroom CC/6の新機能

スポイト機能で効率よくキーワードを付ける

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Lightroom CCの「ライブラリ」モジュールで、複数の写真にキーワードやレーティングなどが付けられる「スプレー」ツールに、「スポイト」という機能が追加されました。複数のキーワードを連続して効率良くつけたい時に便利です。
講師:
02:47

字幕

このレッスンでは Lightroom CCの 便利なツールの1つである 「スプレー」の特徴と 進化した機能について 解説をします 「ライブラリ」モジュールの グリッド表示のサムネイルには 「キーワード」や 「フラグ」 「レーティング」といった属性を 付加することができます 特に 複数の写真に連続して 属性を付加したいときに 便利なのが この「スプレー」ツールです 例えば「スプレー」ツールの属性で 「ラベル」の「レッド」を選んで 目的の「サムネイル」をクリックすることで 連続して同じ属性を 付加することができます ただし 写真に 複数の「キーワード」をつけたい時には これまでのバージョンでは 「スプレー」機能を開始する前に あらかじめ 「キーワード」を 入力しておく必要がありました 「スプレー」でクリックしながら 他の「キーワード」に切り替えるのは 手間がかかります ところが Lightroom CCでバージョンアップされた 「スプレー」機能は 「スポイト」機能が新たに加わりました この「スポイト」機能は 「スプレー」機能を選択している時に Shiftキーを押すことで 「キーワードセット」が表示される というものです ここから 関連づけしたい「キーワード」を クリックで選んでいきます 「サムネイル」をクリックすると 複数の「キーワード」を 連続してつけていくことができます 「キーワードセット」は 画面右側の 「キーワード」パネルの 「キーワードセット」と連動しています あらかじめ よく利用する「キーワード」を 「キーワードセット」のプリセットに 設定しておけば 「スポイト」機能で簡単に 複数の「キーワード」がつけられます このレッスンでは 「ライブラリ」モジュールの グリッド表示で 便利な 「スプレー」と「スポイト」機能について 解説をしました 「スプレー」機能で 効率よく 複数の「キーワード」をつけましょう

Lightroom CC/6の新機能

バージョンアップしたLightroom CCと6にはさまざまな新機能や強化機能が搭載されました。ライブラリモジュールには顔検出が新たに搭載され、現像モジュールではより細かく効果を調整できるようになりました。またHDRやパノラマ合成が可能になり、Web公開サービスとの連携も強化されました。このコースではこれらの新機能や種機能強化について解説します。

1時間50分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年07月10日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。