Lightroom CC/6の新機能

動物の赤目を修正する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「現像」モジュールの赤目修正に追加搭載された、動物の不自然な瞳の色を修正する「ペットアイ」機能について解説をします。ペットの目をより魅力的に見せることができる「キャッチアイ」機能も付いています。
講師:
04:24

字幕

このレッスンでは 赤目修整ツールに 追加搭載された 「ペットアイ」機能について解説をします 暗いところで ストロボやフラッシュで 人を撮影すると 瞳が赤く映ってしまうことがあります 人間の赤目を簡単に修正する機能は 既にありましたが 今回のLightroomでは ペットなど動物の瞳の 反射や不自然な色を修正する 「ペットアイ」という機能が追加されました 「現像」モジュールの 「赤目修整」から 「ペットアイ」を選択することで 人間の赤目修整と同じように操作できます 目の中心からドラッグするか クリックをして 修正する範囲を指定すると 自動的に 瞳の部分を暗くする補正をしてくれます 瞳の部分が うまく 覆えなかった場合は 円形の境界線をドラッグして また円形の内部をドラッグして位置を調整 したり大きさを調整します さらに「ペットアイ」には 「キャッチライトを追加」という機能が ついています 有効にすると 瞳に小さな光の点を 付加することができて さらにこの点を 直接ドラッグして位置を調整 することができます ペットをより魅力的に見せることが できますね ここでは 犬の写真でしたが 猫の目も同様に この方法で修正ができます 以上 このレッスンでは Lightroom CCの赤目修整に追加された 「ペットアイ」機能について解説をしました ペットの瞳が 不自然な色の写真は この新機能を活用しましょう

Lightroom CC/6の新機能

バージョンアップしたLightroom CCと6にはさまざまな新機能や強化機能が搭載されました。ライブラリモジュールには顔検出が新たに搭載され、現像モジュールではより細かく効果を調整できるようになりました。またHDRやパノラマ合成が可能になり、Web公開サービスとの連携も強化されました。このコースではこれらの新機能や種機能強化について解説します。

1時間50分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年07月10日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。