Lightroom CC/6の新機能

「かすみの除去」でかすんだ写真をはっきり鮮やかに

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
現像モジュールの「効果」パネルに追加された「かすみの除去」は、スライダー操作ひとつで白っぽくかすんでいる写真をはっきりと補正します。「かすみを除去」機能の特徴と、さらに効果的に仕上げる方法を解説します。
講師:
02:39

字幕

このレッスンでは 「かすみの除去」機能について 解説をします このような かすんだ写真を 簡単にはっきりくっきりとした 写真に仕上げます ではかすんだ写真を補正して いきましょう フィルムストリップで かすんでいる写真を選び 「現像」モジュールに切り替えます 右側の パネルの下の方にある 「効果」パネルを開くと 「かすみの除去」があります これが新しく追加された機能です 「適用量」のスライダーを 右にドラッグすると みるみるかすみがとれてきます 左にドラッグすると逆に かすみの度合いが増します ここではかすみを除去しますので 右にドラッグします この時に ヒストグラムの山の形に注目 してみましょう スライダーを右にドラッグするのに あわせて ヒストグラムの山が 左に移動します つまり 明るい部分はそのままに 暗い方にシフトすることで 画像の白っぽさを 解消していることがわかります 写真によっては 「かすみの除去」を高めることで 暗さが強調されてしまうことが ありますから その場合は 「基本補正」パネルの 「露光量」を 少し高めたり 「黒レベル」をあげて 黒つぶれをしないように 補正をします さらに「コントラスト」や 「明瞭度」を高めることで 明暗のめりはりをつけたり 「自然な彩度」を高めることで より鮮やかになります 少しねむい感じが残るようであれば 「ディテール」パネルの 「シャープ」の適用量を高めると くっきりと仕上がります 以上「かすみの除去」の使い方について 解説をしました 朝霧につつまれた写真なども スライダーをドラッグするだけで 霧がパッと晴れるような爽快感が 味わえますので 是非試してみて下さい

Lightroom CC/6の新機能

バージョンアップしたLightroom CCと6にはさまざまな新機能や強化機能が搭載されました。ライブラリモジュールには顔検出が新たに搭載され、現像モジュールではより細かく効果を調整できるようになりました。またHDRやパノラマ合成が可能になり、Web公開サービスとの連携も強化されました。このコースではこれらの新機能や種機能強化について解説します。

1時間50分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年07月10日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。