ジェームス・ホワイト、ビジュアルアーティスト/デザイナー

プレビュー

ジェームスは4歳の時から絵を描き始めました。無から何かを生み出す事に惹きつけられたのでした。やがて80年代の文化に没入し、たくさんの彼が一番好きなキャラクターの絵を描きました。こうして「魅力的で不可思議で想像力にあふれたものを目に見えるものにする」という彼の美学が確立されていったのでした。