After Effects 基本講座

素材のインポート

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AfterEffectsで扱えるファイルの例を紹介しながら、各ケースにおけるファイル読み込み時の動作などについて解説します。
講師:
04:23

字幕

このレッスンでは AfferEffects への ファイルの読み込みについて解説します AfterEffects には様々な種類の ファイルを読み込んで それを元に映像を作っていきます 読み込みの操作は「ファイル」メニューの 「読み込み」から行います この中でまず特殊なものとしては 「AdobePremierePro プロジェクト」 というものがあります AfterEffects とセットで使われることの多い ビデオ編集ソフトの PremierePro です そちらのプロジェクトを読み込んで 編集結果などを反映させながら こちらで作業するということも可能です その他複数のファイルはこちらの 「ファイル」というほうから開きます この「有効」という所が すべての使用可能なファイル AfterEffects で読み込めるファイルに なっていれば 使えるものが ここに表示されてきます 一番基本となるものは やはり動画のファイルです これなんかは拡張子 MOV クイックタイム形式のファイルです 開くと プロジェクトのパネルに読み込まれます これなんかは ここの情報を見てみると 解像度 横が3840px の 4K の画像です そういった大きなサイズのファイルであっても 問題なく読み込んで作業が行えます ではその他のファイル また「読み込み」としてみると ムービーの他には静止画のファイル 様々なものを読み込んで作業できます 例えば代表的なものとして JPEG ですね これを開くと そのままプロジェクトパネルに入ってきます こちらもかなり大きなサイズに対応しています 静止画でもちょっと違ったものとして 例えば TIFF(ティフ)形式です これなんかは開いた時に こういった表示がでることがあります アルファチャンネル 透明部分です それを持っている形式を開いた時 こういった表示が出るので そのまま開いてやると 透明部分を― この浮輪の周りがそうなのですけれど 保ったまま読み込める そのような特徴を持っています その他 例えば Illustrator 形式 AdobeIllustrator の形式も 同じように読むことができて こちらも― 透明部分を保持することができます Illustrator の形式のファイルは ちょっと特殊な所があって ベクトル形式なので サイズを大きくしてもギザギザが出ずに 扱うこともできます また Illustrator の他に Photoshop 形式です これを開いた時には 複数のレイヤーを持っている ファイルの場合には どのレイヤーを読み込むかを 選んで読み込むということができます また更に特殊な所としては 「読み込み」ファイルから ここにある DNG という 拡張子のファイルです これはいわゆる RAW ファイルと 呼ばれるものです デジタル一眼カメラなんかで撮影された RAW ファイルですね それを開くと 直接開くのではなく このように カメラ RAW RAW ファイルを現像するための ウィンドウです これが出てきて 現像処理を行ってから開く そういったことも行えます RAW 画像なんかも Photoshop を通さなくても AfterEffects で直に現像して 開くことができるので 大変スムーズに作業することができます このようにファイルの読み込みは AfterEffects の作業を始めるときの 一番とっかかりの重要な項目となります このレッスンではファイルの 読み込みについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。