After Effects 基本講座

パネルのレイアウト

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業の内容に合わせて、表示されるパネルの入れ替え、位置の移動、タブの切替えを行いつつ、ワークスペースのリセットで初期状態に戻す手順を解説します。
講師:
05:27

字幕

このレッスンでは AfterEffects の 画面の概要について解説します AfterEffects の画面ですが まず大前提として 多数のパネルで構成されています それぞれのパネルをクリックすると このように青い枠 これが移動します この枠が移動することを フォーカスが当たると言います フォーカスが当たっているパネルが いまの操作対象になっている そのような形になっています そしてこのパネルですが 使うツールや行う操作によって 切り替えることができます それではこのツールの中から この T という所 「横書き文字ツール」 これを選んでみましょう その時にこのパネルの構成を見ていてください テキストツール 文字ツールにすると 「文字」と「段落」という パネルがでてきました 自動的に切り替えるようになっていました 各パネルですが このようにタブになっていて 切り替えられる所もあります 一か所の所に複数ある時にはタブになって クリックによって切り替えることができます このタブの上にバーが表示されていると これをスライドさせて 他のタブを表示させることができます またこのタブの部分をドラッグすると このような形で― ちょっと濃い青色 この色が当たる場所があります これはどういうことかというと 例えばこのウィンドウの下の所 ここが青い状態で離してみると ここに移動しました ではまた移動して この下の長いタイムラインの上の所に― 合わせて離すと 今度はこっちに入りました このようにして パネルは移動させることも可能です それではテキストツールを選んでいるので 画面の中をクリックして 例えば "textdemo" と打ったとしましょう そうすると画面の上にテキストができましたね これでテキストのレイヤーが作られたと いった操作を行えました ではこのテキストのレイヤーに エフェクトをかけてみようと思うのですが この「エフェクト&プリセット」 という中から選びます 作業を行う時に ちょっと狭くて 見づらいという時がありますね そういう時には使っていないパネル それぞれ右クリックしてパネルを閉じると やって 閉じてしまっても OK です 閉じてしまうと 長くなります このように見やすくしている状態で 例えば 「ブラー&シャープ」というのをかけて 「ブラー(ガウス)」というのを ここにかけてやると またこっちが変わりましたね 「エフェクトコントロール」という エフェクトの詳細を編集する画面です ここでスイッチを調整すると ブラー (ぼかし)が かかりました このように操作の今一番大きく見たいものを 大きく表示する 要らないものを閉じる そういった操作も行えます また こういうリスト上のもの たくさんある中でエフェクトを探すのは 大変だという場合には 例えば 今であれば ブラーというのを使ったので この検索窓に「ブラー」と入れてあげると それだけがでてきます こんな検索の機能も付いています それぞれのパネルは移動させるほかに このように境界をドラッグすると 好きなように幅を変えることもできます このようにして適宜 見やすい大きさに整えて良いですけれど 収集が付かなくなってきた ごちゃごちゃになってしまった 一回閉じたウィンドウは この「ウィンドウ」メニューから 出してもいいですが なかなか状態がわからなくなって しまったという時には この「ウィンドウ」の中の「ワークスペース」 ここに様々なワークスペースというのが 記録されています それぞれの作業の状態に最適化された 画面の構成です 例えば このように 選んだものによって ウィンドウの配置がかわってきます 一番最初は「標準」という状態に なっているのですが ワークスペースは一回いじると 内容が変わっています 但し内部的にはちゃんと 最初の値を覚えていて もう初期状態に戻したいという時には 「ウィンドウ」の「ワークスペース」から 今選んだのは「標準」です この選んでいるワークスペースをリセット というのを実行すると このように確認してくるので 「はい」とすると 最初の状態に戻ります このようにして適宜 扱いやすいウィンドウの構成に なおしながら作業を行います このレッスンでは AfterEffects の 画面の概要について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。