After Effects 基本講座

コンポジションについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AfterEffectsで作業を行う際の基本的なスペースとなるコンポジションの作成方法や、設定の変更について解説します。
講師:
06:07

字幕

このレッスンでは コンポジションについて解説します AfterEffects の中で作業を行う時には 必ずコンポジションの中で行います ではまず新しく コンポジションを作ってみましょう では「プロジェクト」のパネルの 下にあるこのアイコン 「新規コンポジションを作成」 これをクリックします すると「コンポジション設定」 ウィンドウがでてきます まず名前です これは任意に打ち込んで変えることもできます その下 まず画面のサイズです これはプリセットがあります 様々なビデオの規格に沿った プリセットがあるので 例えば HDTV 1080 というのをしておくと 横が 1920px 縦が 1080px いわゆる フル HD の企画になります では「フレームレート」 という所 日本の一般的なテレビ放送なんかだと 29.97 という― 数値になります そして「解像度」とあります これはデフォルトの表示解像度です とりあえず「フル画質」にしておきましょう そして「デュレーション」 これは長さです 今は「30秒」になっています これは数値入力で変えることが出来ます 例えばこれを10秒にしたい という場合 これは30ですけど ここを修正して10秒としても良いですが 10秒の場合には 例えば 「 1000 」 と入れてどこかクリックすると 10秒になります 時間を入力する時には この使わない左側の桁を全部 省略して 使う部分だけ右詰めで ;(セミコロン)を 省略して打ち込んでいくと 例えば5秒であれば 「 500 」と入れると 自動的に変換される こういう便利な機能があります 次に「背景色」という所 これは標準だと黒になっていますが クリックすると 好きな色に変えることができます ちょっと赤でやってみましょう これで OK すると 新しくコンポジションができました 今 表示倍率が100%なので 全部でていないので これを「全体表示」 最大100%とすると 全体がでます ではこのコンポジションの中に フッテージを置いていくと いろいろ構成していくことが 可能となります 例えばこの composition.mov ビデオ を持ってくると こんな感じで配置できました ただ これを見て頂くと 余ってしまってますね 実はこのビデオは 1280 × 720 という― 一回り小さいビデオですが こっちのコンポジションが 1920 × 1080 あるので 余ってしまっています こういった場合 わざわざ作り直さなくても このコンポジションの設定を 変えることができます それでは「コンポジション」メニューの 「コンポジション設定」 これですね ここで今 幅が 1920 × 1080 になっています これを 720 というのにしてあげると 1280 × 720 となります これで OK してあげると ピッタリになりましたね このように合わなかった場合には 後から変えることもできます それではもう1個 コンポジションを作ります 「新規コンポジション」をクリックして 今度は今 設定したのと一緒ですね 1280 × 720 となっています では同じ設定で良いので これを作成します そうすると今は空の状態になっています これは背景が赤になっています だけど赤になっているのは 実は見えているだけで 本当は実はここは 透明という意味になっています それがどういうことか やってみましょう 「横書き文字ツール」 これに持ち替えて 適当な所をクリックして では「 text 」と入力します ちょっと小さいので 文字を大きくして こんな感じにテキストが入力されています そうしたらコンポジションを 前のコンポジションに切り替えます ここでダブルクリックしても良いですし ここにタブができてますね この「コンポ1」というほうに行くと さっきのコンポジションに 移動することができます このように移動できます ではこの「コンポ1」のほうに さっき作ったコンポジション このアイコンをドラッグして 持ってきてみて下さい すると こんな感じになりました この「 text 」という文字は こっちの― 内容ですよね ただ赤い所は全部 透明になって 下のこのビデオが見えています このようにコンポジション設定の 「背景色」で設定された色というのは あくまで何も下がない時 便宜的にでているだけで 本当は透明という意味になります コンポジションはこのように入れ子構造にして 複数を組み合わせることができて そうなると上になったコンポジションは 背景の部分が透明になる というわけです このようなコンポジションですが このビデオの素材 フッテージ これにピッタリ合ったものを作る時には ここをいきなりクリックするのではなくて このアイコンを ドラッグ&ドロップしてあげると これですね ピッタリの大きさのコンポジションが 自動的に作成されます このビデオのフッテージを元に 作業を始める時には この方法を使うと大変便利なので 是非とも使ってみて下さい このレッスンでは コンポジションについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。