After Effects 基本講座

部分的なぼかし

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
調整レイヤーにブラーを適用し、マスクで一部分だけ切り抜いたあと、動画の展開に伴って範囲を移動させる手順を解説します。
講師:
07:06

字幕

このレッスンでは映像の一部分にだけ ぼかしをかけるテクニックを解説します このレッスンのプロジェクトを開いて このタイムライン上の映像を見てみると スプレーで何かを書いている― 男性の映像が映っています テレビのドキュメント等で よくある感じで 顔の部分にだけ ぼかしをかけてみましょう ではこのレイヤーに直接 エフェクトをかけるのではなく 間接的にかけます そのために調整レイヤーというものを作ります このレイヤーの左側の何もない所 右クリックして 「新規」から 「調整レイヤー」というのを実行します すると 新しいレイヤーができます ただ何も見えてないですよね 調整レイヤーはそれだけでは 何も見えないですが ここにエフェクトをかけると 下にあるレイヤーに すべてにエフェクトが適用されるという そういった特殊なレイヤーが この「調整レイヤー」です ではさっそくやってみましょう 「調整レイヤー」を右クリックして エフェクトから 「ブラー&シャープ」 その中の「ブラー(ガウス)」 を実行します そうしたらこの「ブラー」という所 ここの数値を上げていくと この通りぼかしがかかってきます ただこれだと 画面全部がぼけてしまいます なのでこの顔の部分だけに かかるようにします そうしたらツールの中から 「ペンツール」を選びます 「ペンツール」を選んだ状態で この「調整レイヤー」を選んでおいて この状態でこの周りを囲むように 線を書きます ペンツールは曲線も書けますが 今回は直線の連続でも構いません こんな形で丁度顔の辺りに なるような感じです 囲んでいきます そして最後に一周するように 結んであげると このわっかの外側は ぼかしがなくなって 内側だけぼけるようになりました 「調整レイヤー」の詳細を開けてみると 「マスク」という項目ができています この「マスク」というのは このペンツールで囲んだ所とか このシェープで囲んだ範囲内だけに 効果がかかるように切り取る機能です このわっかの中だけに 今マスクされている状態です では「選択ツール」に持ち替えて 「マスク」の詳細を開けましょう 今できている この線ですけど 何もない所を1回クリックすると外れます よく見るといきなり段差のように すぱっとぼかしがかかっていますので 「マスクの境界のぼかし」 というのがここにあります これをちょっとだけ上げてやると なだらかに段々ぼけていく感じになります そうしたらこれで一部分だけ ぼかすことができたのですが 忘れてはいけないのは これは動画なので 時間が動くと ぼかしの位置はそのままなので 段々はずれてしまいます なので時間とともに これを動かしてやる必要があります では実際にやってみましょう ではこの「マスク」の中の 「マスクパス」という項目です これにキーフレームを ON にします それではこの時間の ちょっと前のほうから見ていきましょう そうしたらちょっと時間をずらすと 位置がずれますね その場所でこのように移動できるので マスク設定を移動させます またちょっと動かして このような形で 顔が動くのに合わせて マスクの位置をずらしていきます すると こんな形でマスクの位置が アニメーションになるので ちゃんと顔の位置を追いかけるようになります この外れそうな所 この辺をカバーする形で 少し動かしては位置を直して というのを繰り返します 極端に細かくやらなくてもいいので ある程度動いたら合わせるような形です ある程度ポイントを抑えていれば このように 点と点の間を補間されていくので 最終的に― うまくカバーできるようになります このような形で そして大きく動くところは 更に注意して 移動させていきます もう少しですね ときどきこうやって外れてないか チェックすると良いでしょう もうすぐですね 一気にがくっと動く所は こまめにやる感じです こんな感じになりました 連続して再生してみると ちゃんと追いかけてますね このように全体をカバーすることができました ポイントは2つです まずマスクを作って エフェクトだけ独立してかかるようにする そしてそこにマスクを作って それがかけたい場所を追いかけていくように アニメーションを作ってあげるということです この方法は様々なものに応用できます このレッスンでは部分的にぼかしをかけて それが対象となる場所を 追いかけていく設定を解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。