After Effects 基本講座

フッテージの問題を解決

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プロジェクト内に読み込まれたフッテージに対して、リンク切れや不明フォントの修正を行ったり、設定の変換などを適用します。
講師:
03:27

字幕

このレッスンではフッテージに関する 様々な問題を解決します このレッスンのプロジェクトを開くと こんな表示がでると思います これは前のパソコンでこの プロジェクトが使われた時に使われていた― フォントが見あたりませんよ という表示です これを OK してしまって 「フォント」というフォルダを開くと ここにあるテキストレイヤー ここでフォントは 変わってしまっているということです フォントの場合は新しいものに 置き換えればすむのですが やっかいなのが動画や静止画の 素材がなくなってしまった場合です では次の「動画」という フォルダを開いて コンポジションを開きます するとこのように表示が カラーバーになってしまってます フォントの場合には単に置き換えるだけで 文字自体は出ているのですが この映像や静止画の場合は 見失うと このようなカラーバーになってしまいます こういった場合には もう1回 映像を結び付けてあげる必要があります ではこのプロジェクトパネル上も カラーバーになってしまっているので ここを右クリックします そして「フッテージの置き換え」 という所 ここから元々の保存してあるファイル 今回の場合には 名前が変わってしまって 名前が変わってしまうと同じファイルとして 見てくれないので 見失ってしまう というケースです ではここに一番に Snow1 というのを割り当てます するとこのように 読み込まれて置き換える形になります 他のものも 同じように置き換えで 進めていくと このように正常の状態です 復帰させることができます では違ったケースもやってみましょう 次の「連番」という所ですが これはコンポジションを開けると 同じようにカラーバーになっています これはよく見ると JPEG の 拡張子が付いています 静止画みたいなものですが これをよく見ると 「JPEG シーケンス」と書いてあります これは一枚の画像ということではなくて 一枚一枚の画像を連ねて 動画のようにした状態 それがシーケンスという状態です これも同じように右クリックして 「フッテージの置き換え」> 「ファイル」とやると この中に連番のファイルがあります 同じファイル名で番号だけ連なっている こういったものを一個選ぶと この「JPEG シーケンス」という所に チェックを入れられるようになっています このチェックが入った状態で開くと 一枚の静止画ではなくて このように静止画が 番号順に連なった状態で シーケンスとして読み込むことができます これですね シーケンスを失った場合も 今の再度読み込みで チェックが入っていれば 新たなシーケンスとして 読み込むことができます このようにファイルの関連付けが 見失った場合には 手動で置き換えを行って 再度 関連付けして下さい このレッスンではフッテージに発生した 問題の解決について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。