After Effects 基本講座

マスクのアニメーション

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マスク内のパラメータにキーフレームを設定して、マスク自体の形状が変化するアニメーションを設定します。
講師:
03:25

字幕

このレッスンでは マスクの アニメーションについて解説します 今は平面にグラデーションのエフェクトが 掛かっているだけの状態です ここにマスクを適用したいと思います 今回はこれらの形状のツールを使って マスクを適用するのですが これらのツールを最大限の範囲を使って 適用する場合は レイヤーを選んだ状態で 形状を選んで ダブルクリックすることによって 適用できます 例えば 「スターツール」 星だとこうなります 今 マスクで切り取られた状態です これを「長方形ツール」ですると 完全に周囲が囲まれた状態になります そして「マスク」が作成されています マスクができたばかりの状態は 固定された状態です よく見ると 全部の項目に 「ストップウォッチ」が付いています ということは このポイントを動かすことによって マスクの形状を アニメーションできるということです では 早速やってみましょう まず 先頭で一回入れます そして ちょっと進んで マスクのポイントを ドラッグすると 全体が動きますし Mac の方は Command キー Windows の方は Ctrl キーを押しながら ドラッグすると この様に動かすことができます この時 「マスクパス」に キーフレームが入っていると この様に動かした時点で作成されます そして このような感じで 動きを作ることができます では もう少し進んで 今度は 更に 大幅に動かしてみましょう こんな動きになりました 例えば「頂点を切り替えツール」を選んで ここをクリックすると 曲線にすることができます こういうものを使うと ハートの様な形も可能です それが更に 大きく アニメーションするようになっています 連続して見てみると こんな風に これはあくまで 切り抜いている マスクの範囲ですが こんなに滑らかなアニメーションを 設定することができます マスクを動かすと 絵の内容自体の 位置は変わらないので 切り取られ方だけが変わるという ユニークな感じになるので これを活用すると 印象的なアニメーションを作ることができます このレッスンでは マスクの アニメーションについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。