After Effects 基本講座

ロトブラシ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
対象の周囲をなぞるだけで、自動的に追従して切り抜きを行ってくれる「ロトブラシ」について解説します。
講師:
03:48

字幕

このレッスンでは ロトブラシについて解説します After Effects には ブラシでなぞるだけで 動画の中の物体を切り抜くことができる 「ロトブラシ」という機能があります 早速やってみましょう まず 「コンポジション」の中に 配置されているムービーの「レイヤー」を ダブルクリックします この状態で「ロトブラシツール」を選びます これは その名の通りブラシになっているので この様に 先端のサイズを 「ウィンドウ」 > 「ブラシ」から 「ブラシ」ウィンドウを出すと 変えることができます そうしたら この状態で 今 この動画はスノボで走っていて この人が若干動いています では この人だけを切り抜いてみましょう 大まかで結構ですので こんな感じに 切り抜きたいものの部分をなぞります そうすると この様に ピンクの枠が出てきました 一回 「コンポジション」を見てみます こんな感じに 自動的に切り取られています ちょっと はみ出してしまっているので こういう所は Mac の方はオプション Windows の方は Alt キーを押しながら ドラッグします すると この様に修正されます はみ出た部分を直して 微調整すると この様に きれいに切り抜くことができます これを1コマ1コマやるのは大変ですが ロトブラシの凄い所は これをある程度 自動で追従してくれるという所です では Mac の方は Command キー Windows の方は Ctrl キーを押しながら カーソルキーの右を押してください すると 1コマ進みます この要領で1コマずつ進めていくと ちゃんと動きに合わせて 範囲が変わっているのが分かります ある程度行くと どうしてもここの様に 外れてしまう所が出て来るので そうしたら 外れた所だけ また同じ様に 囲います どうしても手作業は必要になるのですが ほんとに全部のコマの切り抜きを行うよりは はるかに 比べものにならないくらい 楽に作業できます そしたら はみ出た所です これも あまり細かい作業は要らずに ほぼドラッグだけで済んでしまうので とても楽です そして また進むと追従する という形になっています これで見てみると こんな感じに きれいに切り抜くことができます ある程度 切り抜きたいもののエッジが しっかりと撮影されていれば 特別な撮影方法が要らないので 大変便利に使えることができます これはかなり使える所が多いので 是非とも使ってみて下さい このレッスンでは ロトブラシについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。