After Effects 基本講座

色補正の基本

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「プロジェクト設定」中における色に関する設定や、色補正の作業によく使われるエフェクトの解説を行います。
講師:
05:05

字幕

このレッスンでは色補正の 基本について解説します AfterEffects でよく使われる分野の1つに 映像の色の補正があります このレッスンでは その概要を見ていきます まず作業に入る前に 大前提として見ておく設定があります それでは「ファイル」メニューの 一番下 そこに「プロジェクト設定」 というのがあるので実行します そうすると今開いている プロジェクト全体の設定が開いてきます 上のほうに時間に関する設定等があります 重要なのはこれです 「カラー設定」 まず「色深度」というのがあります 今「8 bit/チャンネル」 となっています これを開けると 「16 bit/チャンネル」 「32 bit/チャンネル」 合計で3つの選択肢があります これが何かというと 簡単に言うと数字が大きい程 より細かいグラデーションが表せる 多くの色が使えるということです 当然多くの色を使えた方が より細かな補正ができます 但しこの数字が上がって行くと パソコンにかなり負荷がかかるので 動作が重くなっていきます レンダリングなども長くなっていくので そこを天秤にかけて 8 bit でも一定以上の質を保った 調整ができるので どれぐらいやるのか そこをまず大前提として設定があります もう1つ下に「作業用スペース」 というのがあります 今「なし」になっています これが何かというと 中を開けると カラープロファイルの 設定の選択肢になっています カラープロファイルですが パソコンのモニターやテレビなんかは 機種によって色が違ってしまうので その色の違いをなるべく 無くすような形で共通の設定を持っている それがカラープロファイルです 複数の人や環境で 同時に作業を行う場合 共通のカラープロファイルを使うことで 色の違いを小さく抑えることができます これを「なし」にしておくと カラーマネジメントは行われません もし合わせる場合には 多用するものをここで選んでおく― ということが必要になります こうした点の確認がまず最初です 大前提としてあります そうしたら色の具体的な補正は エフェクトを使って行われます 例えばこんなものです 今一個だけある このレイヤー エフェクトをかけてみましょう 「カラー補正」の中の まずは「レべル」を開けて下さい すると このような内容が表示されます 「レベル補正」ですが まずこの表示されている このグラフみたいなもの ヒストグラムと言います この画像の中で右に行くほど 明るい部分 左に行くほど 暗い部分 それぞれにどれぐらいの 成分が含まれているか それが RGB 光の3原色の 3チャンネル分あって 重なる所は白くなっているというわけです この写真は比較的 全体に分布していますが これが狭い範囲に 固まってしまっている場合には この「黒入力レベル」「白入力レベル」 というものを調整して 全体の階調を整えてあげたり または この「ガンマ」です 「ガンマ」を触ると 見た目は暗くなったり明るくなったりします これは一番暗い所と一番明るい所を 変えないままで その中のバランスを 変えているようなものです これを動かすことで だいぶガラッと印象が変わります 今はまとめてやっていますけれど これを各色のチャンネル別でやると 色味の補正にもなります こうしたレベルの補正 これは非常によく行われる操作の1つです また 他のものとして 同じく「カラー補正」の中で 「色相彩度」があります これも開けてみましょう 「色相」という所をいじると 色同士の関係性のバランスはそのままで 全体的に色がずれるという感じです オフセットされるようになっています また結構重要なのが その下にある「彩度」です 「彩度」を絞ってしまうと 色が無くなってしまいます モノクロになって 逆にプラスの方向に行くと どんどん色がきつくなっていって あまり上がりすぎると このようにベタッと破綻してしまいます こういう色の鮮やかさの 色合いを決める「彩度」です ここも見た目に非常に大きく変わってくるので これは頻繁に触ることになります こうしたものを使って 1つの作品の中で 素材同士の間に違和感がでないように 色を調整していくことになります このレッスンでは色調整の 基本について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。