After Effects 基本講座

様々な色補正

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
基本的な補正の範囲を超えて、積極的に色を作りこんで表現手法に使えるような様々な色補正エフェクトについて解説します。
講師:
06:19

字幕

このレッスンでは 様々な色補正について解説します AfterEffects の中には 単純な RGB のバランスとか明るさ以外に 様々な色調整のエフェクトが入っています その一部をここでご紹介しましょう まずこのバラの写真 これに― 「エフェクト」の「カラー補正」の中から 「レンズフィルター」 というのを加えてみましょう するとこんな感じの インターフェイスです 今「フィルター暖色系」 となっています これを取り替えると このような感じで 色味が変わってきます 色温度が変わる感じです これは写真のカメラのレンズの前に フィルタを付けるような感覚で この色温度を調整したり または 特定の色を付けてあげたり そういったことを行うエフェクトです かなり直感的にわかりやすいですね またこれをかけた後に「濃度」 これを変えてあげると このようにストレートに変わっていくので 数値よりもこうした直感的なもののほうが わかりやすいという場合には この「レンズフィルター」 なかなか便利だと思います では一度バラを見えなくして この海の写真で他の物を解説しましょう では「エフェクト」の「カラー補正」の中の 「自然な彩度」 これをかけてみましょう 彩度というのは 色の鮮やかさの度合いです では「自然な彩度」というのは どんなかかり方がするか これをやってみると このような形で 鮮やかになることはなるのですが 彩度は極端にすると ちょっと不自然になりやすいのに対して こういう所はベタッとしやすいです 「自然な彩度」はちょっと違った形で バランスよく 鮮やかになってくれます また普通の「彩度」は どんどん下げていくと 白黒になってしまいますが 「自然な彩度」は 極端に下げていっても 完全な白黒にはならず 淡いけれどちゃんと色が残っている こういう変化の仕方をします この「自然な彩度」で 大まかな彩度を決めて 調整に「彩度」を 補足で使うぐらいにすると よりナチュラルな雰囲気で この彩度の調整が行えます では更に別のに行きましょう ではこの赤い花の写真 これに行って 「エフェクト」の「カラー補正」から 「特定色域の選択」というのを実行します これはこの特定の色の範囲だけを 操作できるというものです 例えばこの花 赤いです 赤いので「レッド系」 という所を選んでいると 例えばそこで そこの中での黒の割合とかやると このように 薄くなったり濃くなったりもしますし このように 色のバランスを変えていくと 背景は全く色は変わってないですけれど このような形で 色は変わっていく このような「レッド系」ではなくて 例えば 「グリーン系」とかにしてみると 今度は いじっても何も動かないです このような形で特定の設定した― 色の範囲だけで調整を行う こんなやり方もあります この写真のように はっきりした色のものだったら このようにも操作しやすいですね それではまた さっきの海の写真に戻って その他 例えば 「他のカラーへ変更」なんてのもあります では例えばこの中でいったら このスポイトを持って ではこのエメラルドグリーンの グリーンの漁船があります これの色を拾ってみます そして「変更後のカラー」という所 変えて このように調整すると もともとグリーンだった所を 赤に変えたり こんなこともできます これもさっきの特定の色域と似てますが より直感的にわかりやすいです 「補正の後を表示」 をクリックすると この調整の対象になっている所ほど 白くなっていくという こんなふうに表示することもできます また更に違う所では 「トライトーン」なんてのをかけると 「ハイライト」「ミッドトーン」 「シャドウ」と 明るい所・暗い所・真ん中辺り その3つの段階で色を変えていく といった感じです なのでこんな感じで モノトーンチックにもできますし このようにかなり特殊な― 色合いにしていくこともできます このように本当に様々な種類の 色調整が入っているので いわゆる微調整の範囲を越えて ちょっと特殊な表現 そういった所にも活用していけます このレッスンでは様々な色調整の 方法について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。