After Effects 基本講座

落書きのような効果

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
入力したテキストからマスクを作成し、そこに対して「落書き」のエフェクトをかけて落書き風の表示を作ります。
講師:
04:08

字幕

このレッスンでは文字を落書き風に 加工する手順を解説します まずテキストです 文字ツールを使って 今回は「テキスト」と書きましたが 何か書いておきます あまり細すぎずに 適度にこれぐらい太いもの 今回は「小塚 ゴシック Pro」の 「 B 」(ボールド)を使っています これぐらいの太さで書いておいて下さい ではこれを落書き風の文字に 加工してみようと思うのですが 実はエフェクトの中に これを右クリックすると 「エフェクト」>「描画」>「落書き」 というのがあります これを使えば良いのかとかけてみると テキストが消えてしまって 何もなりません なんだろうこれは となってしまいます 実は普通にかけたのでは このエフェクトは効果がないです こういう手順で使います まずテキストがもう打ってあったら これを「レイヤー」のメニューから 「テキストからマスクを作成」 これを実行します そうすると さっきのテキストのレイヤーは残っていますが 目玉が消えて見えなくなっています そして 見た目同じテキストが 残っているように見えますが これは文字ではなくて マスクが適用されています これは平面がマスクで 切り取られているような状態になっています ではここに対してさっきの― 「エフェクト」>「描画」>「落書き」を 適用すると この「テ」の一番一角目 これだけ書かれています これが何かというと エフェクト詳細を見てみると この「落書き」というエフェクトは レイヤーの中にあるマスクに対して適用します 今単一マスクになっているので この「テ」というマスクの一番上だけ これだけになっています 他に移すと このように他にかけることもできます これを「すべてのマスク」にすると このとおり全部にかかりました しかもこれを再生すると ぐにゃぐにゃと揺れます ちょっと味わい深いですね こんなふうに適用することができます そして「塗りの種類」 今「内側」となってますが 例えば「エッジ中心」とやると こんな縁取ったような感じにもできますし 「エッジ外側」とすると このように完全に外側に出た感じで 中をくり抜く形でやることができます また この描画している 「線幅」とか「不透明度」 こういうものも変えることができます または この「ストロークオプション」 これで「開始」と「終了」の位置を 適用できるので 例えば0の状態から 「終了」にキーフレームを入れて これで このように 後の方で100%に持っていくと 何もない所から このように描かれていく このようなアニメーションを簡単に 作ることができます この落書きのエフェクト 非常に面白い効果なのですが 使い方に癖があるので マスクを作ってから適用する そして 文字に使う場合には 「レイヤー」のメニューの 「テキストからマスクを作成」 これをやった上で使う それを行わないと使えないので 是非ともそれを覚えておいて下さい このレッスンではテキストレイヤーを 落書き風に加工する手順を解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。