After Effects 基本講座

消しゴムとコピースタンプツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
消しゴムツールとコピースタンプツールを活用して、AfterEffects上でレイヤーを直接加工する手順を解説します。
講師:
06:23

字幕

このレッスンでは消しゴムツールや スタンプツールによる レイヤーの加工について解説します それではこのレッスンのプロジェクトを開くと このようなコンポジションが 出来上がっています これですが 下に丸太と砂浜の写真 上には 貝の写真があります それではそれぞれのレイヤーを加工して まずこの貝がちょっと下の写真の 砂に埋まっているような― 状態を作ってみようと思います レイヤーを直に AfterEffects のツールで 加工する場合には ダブルクリックして レイヤーの詳細に入ります そして これだとコンポジションの内容と 片方ずつしか見られないので このタブをドラッグして このような分割表示にしましょう ではこちらも全体表示にしておいて こちらはこちらで 単体で加工を行います そうしたら まずは「消しゴムツール」 これを選びます そうすると ブラシとペイントの設定になりました 消しゴムもブラシとして扱います ではまず貝の周りを綺麗に切り抜きたいので ブラシを選んだら サイズを上げていって 大きすぎず小さすぎないぐらいに 周りをなぞれるぐらいの大きさにしましょう そうしたら この状態でこっちのレイヤーの中身のほう これをドラッグすると 黒くなって消えています そして消えたところに下地が見えています このように加工できるので 貝の周りを― 比較的丁寧になぞっていきます こんな感じにしてあげると こっち単体だと黒くなっただけに見えますが こっちはちゃんと下が透けていることが わかります 透明部分を作っている感じです 直径を大幅に上げてしまって 残りは一気に消してしまいましょう このような感じで ざざざっと 塗っていきましょう こんな感じです そうしたらこっちのコンポジションのほう レイヤーを選んでいる状態であれば ドラッグして置くことが出来ます そしてサイズを小さくしてみましょう 「トランスフォーム」でスケールを 小さくしても こっちで加工してもレイヤーの中身は 影響ないので作業しやすいです そうしたら またこっちの中の方に移ってきて また消しゴムになって 今度はちょっとソフトなブラシにして また直系を上げて このエッジが柔らかいもので このように消していくと この辺に注目していて下さい どうでしょう 砂に埋まっている感じが だいぶでているのではないでしょうか こんなふうにすると― 貝が砂に埋まっているような 効果を作ることが出来ました 静止画の加工 Photoshop で事前にやる場合も多いですが AfterEffects 上でもこのような ブラシでできるので かなりその場で最適な効果を 作ることが出来ます では今度はこっちの丸太がもっと砂に 埋まっている状態を作ってみようと思います そうしたら今度はこっちのレイヤー ダブルクリックします すると単体でこれがでてきます こっちはこれが一枚の写真なので 消しゴムでは この木の部分は消せないです その時はこの砂の部分をコピーして 木のほうに貼り付けていくと― 埋まっているような効果を出すことができます その時に使うのがこれです 「コピースタンプツール」 Photoshop を使っている方は 使ったことがあると思います やってみましょう まずこの砂の何もない辺りで Mac の方は option キー Windows の方は ALT キーを押しながら 一回クリックします そうしたらここがコピー元になるので 次にこの木の辺りをクリックすると このように砂が貼り付けられました クリックを保持している間 +がでている所がコピー元です 丸の中のほうにペーストされます ちょっと離れた所から コピー&ペーストされるので 違和感のない形で このような感じに砂を増やしていって 自然な形で― この木を消していきます このようにすると 砂に埋まったような感じを出すことが出来ます AfterEffects 上で消しゴムや コピースタンプツール こういったものを使って レイヤーを加工する手段 一回ごとに外部ツールに行くよりも 手軽なので 是非とも覚えておいて下さい このレッスンでは消しゴムツールや コピースタンプツールによる レイヤーの加工について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。