After Effects 基本講座

ブラシストローク

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシを使って描画する際、「種類」の選択によって描画結果にどのような違いが出るかについて解説します。
講師:
06:24

字幕

このレッスンでは ブラシストロークについて解説します このレッスンのプロジェクトの コンポジションの中は空っぽになっています なので 平面を作って そこにブラシを使って描いていきましょう 何もない所を右クリックして 「新規」 > 「平面」を実行します 「カラー」の所は 何色でも良いのですが こんな感じで 薄紫の色が見やすいので これにしておきましょう 「OK」します 今は「コンポジション」上で 平面を表示しています この平面の詳細を開けます そして このタブをドラッグして 分割表示にします ブラシによるペイントは このレイヤー内部に行うので この表示にしておくと便利です では「ブラシツール」を選びます そうしたら「描画色」は黒にしておきましょう 適度な「ブラシ」を選んで 「直径」は 50 ピクセルくらいに しておきましょう これで描きやすくなりました では ここに描くことで 平面上にブラシで 描いていくことができるのですが ここで大事になるのが ここの「種類」という所 この中身によって 効果が大分違ってきます まず「一定」で描いてみましょう 今は 一番頭のレイヤーにいます ここで この様な感じで描きます そうすると 同じ所にいるので 反映されました そうしたら これを進めていって 別の所で 今度は 三角を描きます そして また離れた所で 四角を描きます この様に操作をして戻ると 最初は丸が書いてあって ある時間まで行くと三角が出てきて また ある時間まで行くと四角が出てくる この様になっています では この平面を一回消してしまいましょう また 右クリックして「新規」> 「平面」を作ります そして また ダブルクリックして 同じ状態にします では 今度は「1フレーム」を選んでください 同じ様に先頭に行って 丸を描きます ここまでは一緒です 時間を移動させます 気が付いたでしょうか? さっきは時間を移動しても 最初に描いた丸が残っていました 今度は移動したら無くなってしまいました この「1フレーム」は 読んで字の如く 1フレームだけに描いて 次のコマでは消えてします そういうものです ではその下の「カスタム」 これはここに「1」と出ていますが 任意のコマ数だけ 描いておくことが出来るものです 例えばこれを「5」にしてみましょう 5にした状態で 先頭で三角を描いたとします 1コマずついきます Mac の方は Command キーを Windows の方は Ctrl キーを押しながら カーソルキーの右を押して進んでみましょう 1コマずつ進んでいくと 5フレームで無くなりました この様に「1フレーム」及び「カスタム」は 1フレーム または 任意のコマ数の分だけ描くものです この様な違いがあります ではまた消して 同じ様に 「新規」 > 「平面」を作りましょう 次は 先ほど飛ばした「連続」です これにして またダブルクリックして開けて 描いてみましょう まず 先頭から丸を描きます そしてマウスを放すと なんと消えてしまいます では 隣に三角も描いてみましょう また消えてしまいました 四角を描いても消えてしまいます 何故 消えてしまうのでしょうか? このタネ証しは 再生を進めると この様な形で ちゃんと筆跡をたどって この様にアニメーションになって描かれます 「連続」にしておくと この様に 筆が進んだ軌跡を描きながら 途中経過も含めて記録しておくことができます この描いている途中ですが 実はこのレイヤーを開けると 今までペイントしたものは全部 このエフェクトとして掛かっているのです 「目玉」をクリックすると 実は1つずつがこの「ブラシ1~3」に なっていたのが分かります では「ブラシ1」を開けて 「ストローク」を開けると キーフレームが2個あります このキーフレームの間で この丸は描かれていました なので キーフレームを短くすると 短い時間で描かれますし 長くすれば ゆったりと描かれます 「連続」で描いたものは この様なキーフレームの状態になります 皆それぞれ動作が違うので 最終的に再生した時に どの様に見せたいかで それぞれを使い分けてください このレッスンでは ブラシストロークについて解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。