After Effects 基本講座

絵をアニメーションで出現させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
既に完成して読み込まれているPhotoshopファイルなどのイラストを、ブラシストローク風に出現させる方法を解説します。
講師:
04:22

字幕

このレッスンでは 既に出来上がっているイメージを ブラシストローク風に 表示する手順を解説します 今コンポジションの中にあるのは 元々こういう形で完成されて 読み込まれたグラフィックです Phtoshop 形式です 出来上がっている画は通常の方法だと After Effects の中でブラシで描いたように するすると動かせないんですが 工夫すると似たような事ができます やってみましょう レイヤーに対して「エフェクト」>「描画」> 「ブラシアニメーション」を実行します 「ブラシアニメーション」は 設定した位置にブラシで描いたような形で 軌跡を作っていけるエフェクトです 実際にやってみましょう まずこのポジションです これをクリックすると ポジションを設定できるので 一番こっち側をクリックします 「ブラシのサイズ」を大きくすると こんな感じで出てきました これが最終的に描画に使われるエリアです この状態で ブラシの位置にキーフレームを入れて 時間を少しずつ動かしながら この位置を変えていきます では 少し進めて この位置を動かします 動かすと ちゃんと軌跡が残っていきます このような形で ブラシがどんどんなぞって行くような形に していきます こんなイメージですね このようにして時間と共に進めて行きます ある程度大きく行けそうな所は 少し時間をのばしても大丈夫です このような形で 最後の方までやって行きます 最後で全部くるまる感じです こんな形で にょろっと― ストロークされるようになりました この状態だと 単にこの上になぞって 描いてるだけですが ここで「ペイントのタイムプロパティ」の これを「なし」にして 「ペイントスタイル」の所を 「元のイメージを表示」にすると ブラシで塗られていない所は 全部消えました ブラシで塗られた所だけが 見えるようになっています これで進めていくと このようにスルスルと 描かれているように見えます さっき上をなぞって行った所が 自動で描かれているように見えました こんなイメージです これを応用するとこうした複雑な模様でも この場で描かれていってるような アニメーションを作ることができます このレッスンでは既に出来上がっている イメージに対して ブラシで描いたような形で出現する効果を 適用しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。