After Effects 基本講座

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
3Dレイヤーにライトを使用した際、それぞれのオブジェクトの影を発生させる手順について解説します。
講師:
04:10

字幕

このレッスンでは 3D レイヤーの 影について解説します ではこのレッスンのプロジェクトを開くと こんなコンポジションがあります 「影」というやつです 開いてみると 壁と文字があって この文字の影が壁に映っています 「統合カメラツール」で動かしてみると 角度を変えるとちゃんと文字の影が 壁に映っているのがわかります レイヤーを見ると文字は この文字レイヤーです そしてこの画像が 3D レイヤーになって 角度をつけてあって壁になっています まずこういう影が落ちる設定ですが 「ライト」がありますね 「ライト」が設定されていて まずはこの影のもととなる このレイヤー 文字のほうですね これを開けてみます そうすると「マテリアルオプション」 という項目があるので これを開けます その中に「シャドウを落とす」 というのがあって これが ON になっていると 影が落ちます 「シャドウを落とす」をクリックすると もう1回押すと 「効果のみ」になりました 「効果のみ」という表示の時には 影はあるけど実体がない 不思議な状態ですけれど このようにして影だけを 作り出すということもできます 更にもう1回クリックすると 「オフ」ですね 「オフ」だと照明が当たっていても 影が落ちずに元のレイヤーだけが見えます 「オン」にして この状態でライトを動かしてみると 目標点の操作では 影に影響しないですが このようにあたる方向が変わってくると 影の出方にも影響がでてきます この影ですが こっちの元の文字のレイヤーの設定だけでは 実はダメなんです 影を受ける側の こっちの壁の方 こっちにも設定が必要です では例えばこのレイヤーを オン・オフしてみます この部分は このレイヤーです そこの詳細を開けてみましょう さっきの文字と一緒で 「マテリアルオプション」 開けてみます すると「シャドウを落とす」の他に 「シャドウを受ける」というのがあります それが「オン」になっています これを外すと これも「効果のみ」となります 壁が無くなって影だけがあるという 不思議な感じです これもありますし 「オフ」にすると 影が出ないと こっちの壁では影があるのに こっちにはないという不思議なこともできます レイヤーごとにオン・オフできるので こんな感じに 現実空間ではありえないような 影の落とし方をすることもできます 影全体に関する項目ですが それはこの影の元となっている「ライト」です この中にあります 「ライト」の中の「ライトオプション」に 下の方に行くと 「シャドウを落とす」「シャドウの暗さ」 「シャドウの拡散」とあります そもそも「シャドウを落とす」 これがオフになっていると 影がないわけです ここもオンになっている必要があります そして「シャドウの暗さ」 これを操作すると 影が濃くなったり薄くなったり 調整することができます そして「シャドウの拡散」 これを0にするとはっきりしますし ぼやっとぼやけた影にもできます かなり細かく操作することができます ある意味現実の空間で撮影するにも もっとご都合主義で使える便利な影ですので 是非とも活用して下さい このレッスンでは 3D レイヤーの 影の設定について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。