After Effects 基本講座

レイトレース3Dの設定

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
AfterEffectsCCより新たに装備された「レイトレース3D」の概要や機能、設定方法について解説します。
講師:
04:59

字幕

このレッスンでは「レイトレース3D」の 設定について解説します それではこのレッスンのプロジェクトを 開きます そしてまずは「通常」という コンポジションを開けます そうするとカメラとかライトとか 3Dレイヤーが配置されています 統合カメラツールで動かしてみると 背景は3Dになってないので そのままですが 文字の見え方が変わります この文字を横向けて行くと 真横にするとほとんど見えなくなります 1本の線になってしまいます これですが After Effects の3D空間は基本的に 平面の世界です ヘラッとした平面の世界で厚みのない世界が After Effects の3Dレイヤーとなります 複数の平面を組み合わせて立体的な感じを 作ることもできますが 1枚の素材は あくまで厚みの無い世界というのが 従来のAfter Effects の常識でした このモードですが ここを見てもらうと 「レンダラー」というものがあります これは「クラシック3D」となっていますが この状態は昔からAfter Effects に入っている 3Dのレイヤーとなります 実はある段階のAfter Effects から もう1つ3Dレイヤーのモードが増えました ではそれを見てみましょう では「レイトレース」のコンポジションを 開けます そうするとまた同じような所で 「レイトレース3D」と 文字が書いてありますが これをよく見ていただきますと 厚みがありますね もう少し拡大してみると この文字に対して奥行きがあって ちゃんとそれに応じたライトの当たり方がして いわゆる3D空間的なものになっています このモードを「レイトレース3D」と呼びます レイトレースとクラシック3Dは ここをクリックすると コンポジション設定のウィンドウが 出てくるので ここで「レンダラー」というところで ここで選ぶことができます そして「レイトレート3D」の 一番大きな特徴として 今までのAfter Effects では出さなかった 厚みの概念が出せるというところが 大きな特徴となっています ただその分 世界が深くなった分 処理もちょっと重いので 見てていただくと 表示されるまで少し時間がかかったりとか そのような重さも同時に出てしまっています この表示の重さですが Mac の方は AfterEffects のメニューに Window の方は編集メニューの一番下に 改行設定があるので これを開けます そしてプレビューのタブを開けます そうするとこの1番上に GPU 情報というものがあるので これをクリックします この中の「レイトレース」という項目があって 今 CPU になっています 開けてみると GPU というものありますが 今グレーです これが今収録で使っているマシンが この「レイトレース」の 高速表示の処理のために対応していないー ビデオカードなので こういう状態になっています これが対応しているビデオカードの Nビデオ製の物ですが それが積まれていると この GPU という文字が選択可能になって もちろん処理が速くなります もし3Dをよく使われる方は それに対応した GPU の入ったー マシンを使うと有利になります この「レイトレート3D」の表示ですが レイヤーを開けてみると 掲示オプションというものがあって その中に「レベルのスタイル」「レベルの深さ」 「押し出す深さ」というものがあります この「押し出す深さ」の数値によって この奥行きが生まれる仕組みになっています これはもともとレイヤーしたテキストなので 後からテキストを打ち変えることもできます シーン内ですけど ちゃんとテキストを打ち変えることも可能です このように文字等に厚みを出したい時に この「レイトレース3D」というものを使うと 簡単に実現することができます このレッスンでは「レイトレース3D」の 基本について解説しました

After Effects 基本講座

After Effectsはモーショングラフィックの作成やさまざまな合成作業においてハリウッド映画からWeb動画まで多くの分野で使われているソフトです。このコースではAfter Effectsの基本的な概念や操作法、アニメーションの作成、画面上のマスク処理やキーイング、3Dレイヤーのかけ方などについてひと通り学ぶことができます。

8時間42分 (103 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年07月14日
再生時間:8時間42分 (103 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。